ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

この一覧は、消費生活用製品安全法に基づき弊社が消費者庁へ報告した事故のうち、
製品起因が疑われる重大製品事故として公表されたものを示すものです。
記載の内容は、速報段階のものであり、今後の調査進展等により変更される場合もあります。

「重大製品事故」とは、消費生活用製品安全法で次の事故種類が規定されています。

  1. 死亡事故
  2. 重傷病事故(治療に要する期間が30日以上の負傷・疾病)
  3. 後遺障害事故
  4. 一酸化炭素中毒事故
  5. 火災(消防が確認したもの)
発生日 製品名
【型式】
<事業者名>
製品事故に関する情報
2010年1月6日 電気冷蔵庫
【R-726XPB-1】
<(株)日立製作所
現 日立アプライアンス(株)>
発生場所
新潟県
内容
ブレーカーが作動し、発煙があったため確認すると、当該製品から出火しており、当該製品及び周辺を焼損した。事故原因は、当該製品の圧縮機運転用コンデンサに製造不良があったために、運転中の振動や熱等の影響によって絶縁劣化して短絡し、発煙・出火したものと考えられた。昭和60年7月2日からリコールを実施。
関連情報
2009年12月11日 生ごみ処理機
【BGD-X150】
<日立多賀テクノロジー(株)>
発生場所
兵庫県
内容
当該製品から出火する火災が発生し、当該製品が焼損した。事故原因は、製品内部から漏れた生ごみの水分が底面ヒータ内部に侵入し、ヒータ線が劣化、断線して発火したものと考えられる。平成16年11月5日よりリコール実施。
関連情報
---
2009年10月11日 電気冷蔵庫
【R-463SFR】
<(株)日立製作所
現 日立アプライアンス(株)>
発生場所
広島県
内容
当該製品から発煙し、製品下部部品を焼損した。現在、原因を調査中。製造から30年以上経過した製品。
関連情報
---
2009年10月3日 電気こんろ
【HT-1250】
(タカラスタンダード(株)製
ミニキッチンに組み込まれたもの)
<日立熱器具(株)
現 日立アプライアンス(株)>
発生場所
広島県
内容
当該製品及び周辺が焼損する火災が発生した。事故原因は、使用者が外出時に換気扇のスイッチを切った際、身体が当該製品のつまみに触れてスイッチが入り、当該製品の上においていた可燃物及び周辺を焼損したものと考えられる。平成19年7月3日から事業者が共同してリコールを実施。
関連情報
2009年8月26日 電気こんろ
【HT-1500】
(サンウエーブ工業(株)製
ミニキッチンに組み込まれたもの)
<日立熱器具(株)
現 日立アプライアンス(株)>
発生場所
東京都
内容
当該製品及び周辺が焼損する火災が発生した。事故原因は、室内のリフォーム作業中に、何等かの物が当該製品のつまみに触れてスイッチが入り、周辺の可燃物が焼損したものと考えられる。平成19年8月1日から事業者が共同してリコールを実施。
関連情報
2009年5月20日 テレビ(ブラウン管型)
【C25-AV5】
<(株)日立製作所
現 日立コンシューマ
エレクトロニクス(株)>
発生場所
兵庫県
内容
当該製品の電源スイッチを複数回入り切りしていたところ、異音とともに発煙し、当該製品内部から出火した。現在、原因を調査中。
関連情報
---
2009年5月10日 電気ポンプ
【WT-P202A】
<(株)日立製作所
現 日立アプライアンス(株)>
発生場所
東京都
内容
当該製品を使用中、当該製品から発煙した。現在、原因を調査中。
関連情報
---
2009年4月10日 電気こんろ
【HT-1250】
(タカラスタンダード(株)製
ミニキッチンに組み込まれたもの)
<日立熱器具(株)
現 日立アプライアンス(株)>
発生場所
福岡県
内容
当該製品の周辺が焼損する火災が発生した。事故原因は、身体又は荷物が当該製品のつまみに触れてスイッチが入り、周辺の可燃物が焼損したものと推定される。平成19年7月3日から事業者が共同してリコールを実施。
関連情報