ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品


画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

日立アプライアンス(株)では製品の安全性評価のために、企画・開発・量産の各段階においてリスクアセスメントを基に「PSレビュー」を行い、死に様試験で検証を行っています。その時には、公的規格・基準を満足することも確認しています。
さらに「製品の全数検査」を実施し、結果を記録・保管しています。全数検査によって安全でない製品が出荷されないよう検査しているだけでなく、データを記録することによってトレーサビリティを可能にしています。また製品開発時の認定だけではなく、定期的に維持認定も行っています。
量産した後も、量産品でモニターテストを行い、安全性の検証を継続して行っています。また、第3者認証制度も活用して製品の適法性および自己認定の妥当性の検証も実施しています。