ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品空気清浄機

特長:様々な汚れやニオイに対応

様々な汚れやニオイに対応

アレルオフ微細じん

HEPAフィルター

約10年間交換不要注1

■微細な粒子をしっかりキャッチ
集じん捕集率99.97%以上

HEPA性能の多層構造を持つ[アレルオフ微細じんHEPAフィルター]が、ホコリやスギ花粉、浮遊カビなどの微細な粒子までしっかり捕集。もちろん、PM2.5へも対応しています。

フィルター表面積約1.7畳
注1
日本電機工業会規格(JEM1467)による。1日にタバコ5本分を吸引した場合に空気を清浄する時間が初期の2倍になるまでの年数。ご使用の状況によっては交換時期が早まることがあります。
注2
定格風量で0.3μmの微粒子を99.97%以上集じん。JIS Z 8122に規定されたHEPAフィルター単体での性能であり、部屋全体の除去性能とは異なります。
注3
複数のウイルスが水分等によって結びついた状態。

洗える脱臭フィルター

約10年間交換不要注4

■水洗いで脱臭力が回復注5

[洗える脱臭フィルター]は、ニオイが気になる場合に水洗いができます。

脱臭力が回復するしくみ
注4
日本電機工業会規格(JEM1467)による。1日にタバコ5本分を吸引した場合に臭いの除去率が半分になるまでの年数。ご使用の状況や臭いの種類や強さによってはお手入れや交換が必要になる場合があります。
注5
臭いによっては水洗いで除去しきれない場合があります。水洗いによる脱臭性能の回復は徐々におとろえます。

ウイルスからニオイまでキャッチ

■PM2.5への対応
空気清浄機本体で「PM2.5」への対応

PM2.5とは2.5μm以下の微小粒子状物質の総称です。0.1μm未満の微小粒子状物質については、除去の確認ができていません。また、空気中の有害物質のすべてを除去できるものではありません。32㎥(約8畳)の密閉空間での効果であり、実使用空間での結果ではありません。

●試験方法:日本電機工業会規格(JEM1467) ●判定基準:0.1〜2.5μmの微小粒子状物質を32㎥(約8畳)の密閉空間で99%除去する時間が90分以内であること。32㎥(約8畳)の試験空間に換算した値です。
■空気清浄機が浮遊ウイルス・細菌も抑制注6
25m³(約6畳)の試験空間での浮遊ウイルス/ 浮遊細菌への効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。ご使用の状況や使い方によって効果は異なります。試験は日本電機工業会規格(JEM1467)に準拠しています。
注6
ウイルス/細菌の抑制効果●試験機関:一般財団法人 北里環境科学センター● 試験方法:25m³(約6畳)の試験空間で、ウイルスは日本電機工業会規格(JEM1467)の性能評価試験にて実施。細菌も同試験に準拠。●対象:浮遊した1種類のウイルス/ 浮遊した1種類の細菌●試験結果:ウイルスを約12分で99%以上抑制。細菌を約11分で99%以上抑制。●試験機種:EP-LVG110(ターボ風量時)
■捕集したアレル物質の活動を抑制

[アレルオフ微細じんHEPAフィルター]のアレルオフ成分が、捕集したスギ、ブタクサ、カバノキの花粉、ダニのフン、ネコのフケ等に含まれるアレル物質の活動を抑制注7します。

注7
捕集したスギ、ブタクサ、カバノキの花粉、ダニのフン、ネコのフケ等に含まれるアレル物質に対する抑制効果●試験機関:ニチニチ製薬株式会社●試験方法:ELISA法● 抑制の方法:抗アレルゲン剤をフィルターに塗布●試験結果:スギ花粉96%抑制、ブタクサ花粉96%抑制、カバノキ花粉90%抑制、コナヒョウヒダニのフン93%抑制、ヤケヒョウヒダニのフン91%抑制、ネコのフケ85%抑制。数値は当社算出による。
■様々なニオイを脱臭

4大臭気とされているチッ素系、アルデヒド系、酸系、硫黄系のニオイ成分の低減に効果があります。注8

25m³の試験空間での臭気成分単体の脱臭試験結果であり、実使用空間での脱臭性能とは異なります。当社調べ。
硫黄系 硫化水素(排水口・トイレ臭)メチルアメルカプタン(野菜の腐敗臭など)
1m³の試験容器内での臭気成分単体の脱臭試験結果であり、実使用空間での脱臭性能とは異なります。試験機関:一般財団法人 日本食品分析センター
注8
チッ素系、アルデヒド系、酸系、硫黄系に分類されるすべてのニオイ成分に効果があるわけではありません。
このページは、EP-LVG110の特長を紹介しています。
写真・イラストはイメージです。

【空気清浄機の集じん・脱臭能力について】●タバコの有害物質(一酸化炭素等)は除去できません。● 発生し続けている臭い等は、除去しきれないことがあります。