ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

日頃は、弊社製品をご愛用いただきまして誠に有難く厚く御礼申し上げます。

1985年から2004年までに製造販売した小形キッチンユニット用「上面操作一口電気こんろ※1」について、電気こんろ上面にあるスイッチつまみの上に、可燃物(ダンボール箱他)を載せる等が原因でスイッチが入る構造であるため、電気こんろの上や周囲に可燃物が置かれていた場合に、火災事故に至ることがございます。

弊社では、2004年から事故防止のため自主的に改修を実施してまいりましたが、改修を終えていない製品から事故が発生しております。

ご使用中のお客様・集合住宅のオーナー様・管理人様におかれましては誠に恐縮ではございますが、小形キッチンユニットまたは電気こんろのメーカー名・型式等をご確認いただき、下記にご連絡をお願い申し上げます。無償で改修を行わせていただきます。

また、同様のスイッチ構造の1982年から1990年までに製造した「複数口電気こんろ※2」についても、弊社での事故発生はありませんが事故防止のために無償で改修を行わせていただきます。
(詳細は、小型キッチン用電気こんろ協議会のホームページをご覧ください。http://www.denki-konro.jp/

  • ※1. 一口電気こんろのうち、操作スイッチが横ではなく上面に配置されたタイプ。
  • ※2. 操作スイッチが横にあり、こんろの口数が二口や三口など複数ある電気こんろ。

改修にお伺いするまでは、電気こんろの上や周辺部には絶対に可燃物などを置かないようにしてください。

なお、既に改修が完了しているお客様につきましては、引続きご使用ください。ご使用にあたっては、電気こんろの上や周辺部には絶対に可燃物などを置かないようにしてください。

ご愛用の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。なにとぞご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

【改修内容】

  1. 上面操作一口電気こんろ
    つまみカバーを取り付け、スイッチのつまみをつまみカバーの面より低く致します。
  2. 複数口電気こんろ
    無償で改修致します。

■上面操作一口電気こんろ(一口電気こんろのうち、操作スイッチが上面に配置されたタイプ)

  • 外観

  • 対象(見分け方)
    スイッチつまみが上面にあって、スイッチつまみが飛び出している電気こんろ
    型式(スイッチパネルに型式表示はありません) HT-1290、HT-1290T、HT-1500
  • * スイッチがダイヤル式のものはありません。

■複数口電気こんろ(操作スイッチが横にあり、こんろの口数が二口や三口など複数あるタイプ)

  • 外観

  • 対象:型式はスイッチパネルに記載してあります。
タイプ 型式
据置き型
(こんろ台に載せたタイプ)
スイッチがダイヤル式のもの HT-4510、HT-3510、HT-3511A、HT-3310
スイッチがつまみ式のもの HT-3000G、HT-3010G
ビルトイン型
(システムキッチンに組込まれたタイプ)

スイッチがダイヤル式のもの
(つまみ式はありません)

HT-D4451、HT-D3451、HT-D4451SS

なお、他社製品でも、同形状のつまみを持つ電気こんろにおいて、同様に無償の修理を実施しております。ご使用の場合には、小型キッチン用電気こんろ協議会のホームページ(http://www.denki-konro.jp/)をご覧の上、該当先メーカーのフリーダイヤルへご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。

ご連絡窓口

間違い電話が大変多くなっておりますので、番号をよくお確かめの上、おかけください。なお、おかけ間違い防止策として、フリーダイヤル後に「日立電気こんろ受付けセンターにおつなぎいたします」のガイドが流れますので、再度ご確認願います。

フリーダイヤル(無料) 0120-256-557 [受付時間] 9:00〜17:00(土、日、祝日を除く) *携帯電話・PHSからもご利用頂けます。 *一部のIP電話からはご利用できません。 FAXフリーダイヤル(無料) 0120-820-829

お客様から連絡をいただく氏名、住所等の情報は、本件の無料改修にのみ利用し、管理いたします。

なお、これらの業務に携わる協力会社へもお客様の個人情報を開示することがありますが、弊社と同等の管理を行わせます。

2007年7月31日

日立アプライアンス株式会社