ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品クリーナー

特長

小型・軽量ボディで

強力パワー

CV-SE90は吸込仕事率*1330W(消費電力840W)。

高性能小型ファンモーターの開発、そして余分なスペースを可能な限り抑えた高密度設計と日立独自の解析技術により、コンパクトで軽量2.9kg のボディながら、強力パワーを実現。

2段階のブーストでごみを分離・圧縮

2段ブーストサイクロン

1段目ブーストでごみを分離[遠心分離構造]

サイクロン室の入口で空気の流れを加速させて発生した旋回気流で、ごみと空気を遠心分離。

2段目ブーストでごみを圧縮[ごみプレス]

遠心分離したごみと空気を、ダストケースの入口で再加速させて発生したサイクロンで、ごみを圧縮。

※1 フィルターやダストケースにごみがない状態からごみ捨てラインまでの風量の持続性が99%以上。日本電機工業会自主基準「電気掃除機の吸込力持続率測定方法」による表示です。

ティッシュを使えばホコリやチリから
フィルターをガード*2

ごみ捨て簡単・清潔
ごみダッシュ

※ ティッシュペーパーを使用してごみを捨てた場合のイメージです。

[フィルターお手入れ機構(コード式)]で

フィルターの目詰まりを
抑える

電源コードを引くとクリーンフィルターを振動させ、フィルターに付着したチリを落として目詰まりを抑えます。

床質を感知して賢くお掃除[ecoこれっきり]運転

省エネ*3

[ecoこれっきり]運転でお掃除すれば、床質や操作力に合わせてセンサーがパワーやブラシ回転力を自動で[中][弱]の2段階に切り替えます。[中]運転で掃除を続けた場合に比べて、消費電力量を最大で約65%*3低減できます。

*1
吸込仕事率とは、JIS規格に定められている吸込力の目安で、最大(〜最小値)を表示しています。使用時の吸塵力は吸込仕事率以外に吸込具の種類・ごみのたまり具合や床材の違い等によって異なります。お掃除の際は、ふさわしいポジション(運転モード)をお選びください。
*2
ティッシュペーパーは大きさの目安20cm角程度で、2枚重ねのものをご使用ください。ぬれたティッシュペーパーは使用しないでください。ティッシュペーパーを使用した場合、吸込仕事率は約10W下がります。
*3
[中][弱]の2段階に自動で切り替えます。[ecoこれっきり]運転と[中]運転でフローリングを6分間掃除した場合の消費電力量の比較。[ecoこれっきり]運転:約18Wh、[中]運転:約55Wh(SE100)。ごみ取れ性能は同等です。
このページは、CV-SE100・SE90の特長を紹介しています。
写真・イラストはイメージです。

メニュー