ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品IHクッキングヒーター

スピード大火力IH

湯沸かしが驚くほど速い

3.2kWの大火力IH(左右IH)

パスタ調理に必要なたっぷりの湯沸かしもスピーディーに。

湯 量 沸騰までの時間※1
0.35L 約1分5秒
0.5L 約1分22秒
1.0L 約2分19秒
2.0L 約4分16秒
4.0L 約8分18秒
紅茶をいれるとき 野菜をゆでるとき たっぷりのお湯でパスタをゆでるとき

※1 HT-L300XTWF(W)の最大火力で湯沸かし(水温20℃→95℃まで)。0.35L〜2.0Lは当社推奨のステンレス製のケトル、4.0Lは当社推奨のステンレス製のパスタポット(内カゴあり)を使用。当社で測定。水の量や温度、鍋の大きさ、材質により時間は異なります。

■ 各IHの最大火力

シリーズ 左右IH 中央IH
鉄・ステンレス鍋 アルミ・銅鍋 鉄・ステンレス鍋
L300T 3.2kW 2.6kW 2.0kW
L200T 3.2kW 2.6kW(右IHのみ) 2.0kW
L100T 3.2kW 2.0kW

※左右IHの最大火力(各3.2kW)を同時には使えません。
※本体内部の回路を保護するために、火力表示「10」より大きい火力を連続して使用できる時間は最大約15分です。15分を超えると自動的に火力が下がります。
※中央IHはアルミ・銅鍋は使えません。
※IH便利メニューの「湯沸かし」とは加熱制御が異なります。

オールメタル対応IHがおすすめ

アルミ・銅鍋も使える

オールメタル対応IH

(L300Tシリーズは左右IH、L200Tシリーズは右IHのみ)

鉄・ステンレス鍋に加えて、ふだんから使い慣れたアルミ・銅鍋も大火力で使えます。

※オールメタル対応IHで使える鍋については、こちらをご覧ください。
※アルミ・銅鍋を加熱する場合は浮力が働くため、鍋が動き火力が下がります。調理物と合わせて約1kg 以上で使用してください。

オールメタル対応IHで使える鍋の種類

  • アルミフライパンアルミフライパン
  • アルミ片手鍋アルミ片手鍋
  • アルミパスタポットアルミパスタポット
  • ステンレスケトルステンレスケトル
  • アルミ圧力鍋アルミ圧力鍋
  • 銅鍋銅鍋
  • 多層鍋多層鍋
  • ホーロー鍋ホーロー鍋
ピュアなIH加熱
日立独自

日立なら
トッププレートが
鍋底温度よりも熱くならない安心設計

日立独自

日立の「ピュアなIH加熱」なら、独自の高周波制御技術によって鉄・ステンレス鍋はもちろん、アルミ・銅鍋でも鍋だけを発熱させるので、無駄な加熱をおさえて調理できます。また、トッププレートは鍋底より熱くならない安心設計です。

「IH加熱」の仕組み

「IH加熱」の仕組み

IHとは電磁誘導加熱(Induction Heating)のこと。IHコイルから発生した磁力(磁力線)が、金属製の鍋を通るとき、うず電流が発生し、鍋自体を発熱させます。

このページはL300T・L200T・L100Tシリーズの特長を紹介しています。説明用の写真はHT-L300XTWF(W)。
火力(W)は入力値です。
複数のIHやオーブンを同時に使う場合は、総消費電力が5.8kW(設置時に4.8kWに切り替えた場合は4.8kW、「節電モード」で総消費電力を5.8kWから4.8kWまたは4.0kWに切り替えた場合は、設定した総消費電力)を超えないように自動的に火力を制限します。「ピピピッ」と鳴って火力が上げられない場合やキーを押してもスタートできない場合は他のヒーターの火力を下げてから再操作してください。
説明用に「表示部」を点灯させています。
実際の調理を想定したイメージ写真を使っています。
医療用ペースメーカーをお使いの方は、専門医師とよくご相談の上、お使いください。

メニュー