ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品ジャー炊飯器

炊飯・調理中は圧力がかかるため、取り扱いを誤ると危険です。

圧力IHジャー炊飯器を安全に末永くお使いいただくために、次の使い方およびお手入れを守っていただきますよう、宜しくお願い致します。

この製品は、市販の圧力なべのようにいろいろな調理はできません。取扱説明書・料理集に記載の炊飯および調理メニュー以外の用途に使わないでください。
特に、市販の本などで紹介されている炊飯器を使った調理については、取扱説明書に記載されていない使い方をすると、やけどやけがのおそれがありますので、やめてください。

やけどを防ぐために

ふたを確実に閉めないと食材がとび出したり、湯がふき出したり、突然ふたが開いてやけどのおそれ

●ふたは前方の中央部を押して「カチッ」と音がするまで確実に閉める

●炊飯の前にふた加熱板をはずして調圧弁と安全弁にごはんなどの異物がついていないことを確認する
また、フィルターのある機種は忘れずに取り付ける

●フック部に米粒などが詰まったときは、ようじなどでかき出す

次のような使い方をすると食材がとび出したり、湯がふき出てやけどのおそれ

●取扱説明書・料理集に記載の炊飯および調理メニュー以外の用途には使わない
次のような料理には使わない

  • ねりもの(はんぺんなど)や豆類、麺類などの加熱中にふくらむ料理
  • 急激にあわの出る「重そう」などを使う料理
  • 多量の油を入れる料理
  • 「カレー」や「シチュー」のルーなど、のり状になる料理
  • ジャムなど泡立つ料理
  • 食材をポリ袋などに入れて炊飯器で加熱する料理(パッククッキング)

●青菜、トマトなど薄皮状のものが浮きやすい野菜、具材を入れた料理や、クッキングシート、アルミ箔、ラップを使った料理はしない(料理集に記載の蒸し調理を除く)

  • 七草がゆなど青菜を入れるときは最初から入れず、ゆでた青菜を炊き上がった後に入れてください。

●落し蓋を使った料理について

  • RZ-EG10J/18J、RZ-EB10J/18Jをお使いのお客様につきましては、付属の取扱説明書の料理集に「オーブンシート(クッキングシート)を丸型に切って十文字の切れ目を入れたものをかぶせ」と記載しておりますが、オーブンシート(クッキングシート)の大きさ、切れ目の位置、具材の量によっては、調圧弁が塞がり、食材が飛び出したり、湯がふき出したり、突然ふたが開いてやけどの恐れがありますので、オーブンシート(クッキングシート)の代わりにお手持ちの小皿(瀬戸皿)をお使い頂きますようお願い申し上げます。

●内がまの「これ以上入れない」の線以上に水や食材などを入れない

●炊きかた・調理メニューは正しく選択してください。

  • おかゆは「おかゆ」、雑炊は「雑炊」のメニューを選んで炊いてください。
  • 「おかゆ」など弱火で火加減する炊きかたを「白米ふつう」など強火の炊きかたで誤って炊飯すると、多量に吹きこぼれたり、調圧弁が詰まって突然ふたが開いてやけどの恐れがあります。
  • 具の入る炊き込みごはんは圧力をかけない「炊き込み」を選んで炊いてください。「白米ふつう」など圧力をかける炊きかただと、圧力を抜く際に具材が調圧弁に詰まって突然ふたが開いてやけどの恐れがあります。

高温の蒸気が勢いよく出てやけどのおそれ

●蒸気口に手や顔を近づけない

  • 炊飯中は高温の蒸気が勢いよく出ます。特に乳幼児に触れさせないように注意してください

●炊飯中はふたを開けたり、本体を揺らしたり、持ち運びしたりしない

お客様相談センター

TEL
0120-3121-11

携帯電話・PHS
050-3155-1111(有料)

[受付時間]
9:00〜17:30(月〜土)
9:00〜17:00(日・祝日)
(年末年始は休ませていただきます)

  • 【お知らせ】
  • 誠に恐れ入りますが、2017年11月19日(日)は弊社設備点検のため休業とさせていただきます。
    ご不便をおかけして申し訳ございませんが、予めご了承をお願いいたします。
  • 本窓口等で取得致しましたお客様の個人情報は、お客様のご相談及びサポート等への対応を目的として利用し、適切に管理します。
  • ご相談、ご依頼いただいた内容によっては弊社のグループ会社に個人情報を提供し対応させていただくことがあります。