ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品照明器具

STEP2明るさを選ぶ

6畳から14畳まで各畳数基準最大限の明るさ※1を実現

※1 (一社)日本照明工業会の定める「住宅用カタログにおける適用畳数表示基準」(ガイド121:2011)による。

「適用畳数」の表示基準※1

適用畳数は、部屋中央に1灯使用した場合の床面における水平面照度が75〜150lx(ルクス)確保できる部屋の広さを畳数で表したものです。
高齢者の方は、使用する畳数より1つ上の畳数の器具を選ぶよう推奨されています。
*1
20畳以上、〜18畳の基準は当社が独自に設定したものです。

日立のLEDシーリングなら
より太陽光に近い自然なあかりで色も文字も見やすい

日立独自

より太陽光に近い自然なあかりで文字が見やすく色鮮やか


ラク見え明るさ全灯の1.2倍 [ラク見え]LEDで青緑色の光をプラス すっきり見やすい色温度5,800K
ラク見えLED

[ラク見え]ボタンを押すと、青緑色のLEDが点灯して昼光色 と電球色のLEDが全灯の1.2倍に明るさアップ。すっきりと した光色でコントラスト感がアップするので、細かい文字も はっきり見やすく、演色性が向上して写真などの色はより 鮮やかに見えます。

※ [ラク見え]使用時は、全灯(定格)より消費電力が増加します。

詳しくはこちら