ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

電気用品安全法において、電気用品の技術上の基準を定める省令が改正され、長期使用製品安全表示制度が制定されました。2009年4月1日より「扇風機」は経年劣化に係る注意喚起のための表示が必要となり、2009年4月以降製造された製品には、製品本体及び取扱説明書に「製造年」、「設計上の標準使用期間」および注意喚起文が表示されています。

長期使用に伴うご注意

設計上の標準使用期間を超えて使用すると、熱、湿気、ホコリなどの影響により、経年劣化による発火・けが等の事故に至るおそれがあります。
ご使用中に次のような症状がみられる場合は、電源スイッチを切り、コンセントから電源プラグ(またはブレーカーを“OFF”にして)を抜いて、必ずお買い上げの販売店または下記相談窓口へご相談ください。

  • ● スイッチを入れても時々羽根が回転しないことがある。
  • ● 回転が遅い。または回転が不規則である。
  • ● 回転中に異常な音や振動がする。
  • ● モーター部が異常に熱い。
  • ● 焦げ臭い“におい”がする。
  • ● その他の異常がある。
  • ● 電源コードが折れ曲がったり破損している。
  • ● 電源コードに触れると、ファンが回ったり、回らなかったりと不安定。

製品の製造時期について

法施行(2009年4月1日)以降に製造された製品については、製品や取扱説明書に「製造年」 「設計上の標準使用期間」などが表示されています。 表示の無い法施行以前に製造した製品については、型式より製造時期をご確認ください。

型式一覧(PDF)
型式検索
主な商品形状と型式の確認箇所

設計上の標準使用期間 : 10年
設計上の標準使用期間とは

  • 運転時間や温湿度など、日本工業規格(JIS C9921-1)に定められた標準的な使用条件に基づく経年劣化に対して、製造した年から安全上支障なく使用することができる標準的な期間です。
  • 設計上の標準使用期間は、保証書に記載された無償保証期間とは異なります。また、偶発的な一般的な故障を保証するものでもありません。

日立長期使用家電品相談窓口

フリーダイヤル 0120−145−458 [受付時間]9:00〜17:30(月〜金)携帯電話、PHSからもご利用できます。(土、日、祝日および年末年始は休ませていただきます)

  • 本窓口等で取得致しましたお客様の個人情報は、お客様のご相談及びサポート等への対応を目的として利用し、適切に管理します。
  • ご相談、ご依頼いただいた内容によっては弊社のグループ会社に個人情報を提供し対応させていただくことがあります。