ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

2009年4月1日から「長期使用製品安全点検制度」が始まりました

消費生活用製品安全法(消安法)に基づき、長期間の使用に伴い生ずる経年劣化により重大な事故に結びつくおそれの多い製品に対し、このような事故を未然に防止するために、「長期使用製品安全点検制度」が2009年4月1日から始まりました。
「浴室乾燥暖房機」は、この制度の対象製品です。

長期使用製品安全点検制度とは

この制度は、お客様による保守が難しく、長期間の使用に伴い生じる経年劣化により火災などの重大事故が発生するおそれが高い製品を特定保守製品とし、これらの製品について、経年劣化による重大事故を未然に防止するために、製品を所有されているお客様に点検や保守に関する情報を提供するなど、お客様による点検その他の保守を適切に支援する制度です。

この制度は、消費生活用製品安全法(消安法)の改正により設けられました。

■ 制度の概要

制度の対象となる製品をご購入いただいた場合、お名前やご住所などの所有者情報をご登録いただきます。所定の点検時期に弊社より「点検の通知」が登録いただいた住所に届きますので、内容をご確認いただき点検(有償)の申し込みを行ってください。点検員が有償で法定点検を実施させていただきます。

制度の流れ 販売店から点検制度について説明します

所有者登録画面

『所有者登録画面』のボタンをクリックしていただくと、
インターネットから所有者登録ができます。

制度の流れ 所有者登録 記入した所有者票を返送またはインターネットから登録します 詳しくはこちら 制度の流れ 点検の通知 点検時期が来たら弊社から通知します 詳しくはこちら 制度の流れ 点検の申し込み 所有者が点検を依頼します ※点検は有償です 詳しくはこちら 制度の流れ 点検の実施 点検員が点検します 詳しくはこちら

■ 浴室乾燥暖房機をお使いのお客様へ

  • ● 特定保守製品である浴室乾燥暖房機をご購入または所有されたお客様は、経年劣化による重大事故を未然に防止するために、点検期間中に点検を受けるなど、その保守に努めることが法律により責務として求められています。製品に表示されている点検期間になったら忘れずに点検をお受けいただくようお願いいたします。
  • ● 法定の点検後も継続してご使用いただく場合には、こまめに状態の確認や点検を行い、異常がみられるときはただちにご使用を中止してください。

対象となる浴室乾燥暖房機 (特定保守製品)

  • ● 制度の対象となる浴室乾燥暖房機は、2009年4月1日以降に製造された製品です。
    詳しくは、「対象製品」のページをご覧ください。
  • ● これらの製品は,カタログ、取扱説明書、個装箱などに特定保守製品と表記されています。
  • ● 機器本体およびリモコンには、特定保守製品・型式・特定製造事業者等名・製造年月・製造番号・設計標準使用期間・点検期間・問合せ連絡先が表示されています。(型式製造年月・製造番号・点検期間は機器本体のみ表示)

機体本体への表示例 リモコンへの表示例

※対象となる浴室乾燥暖房機には、所有者登録を行うための「所有者票」が同梱されています。

法施行以前(2009年3月以前)に製造された浴室乾燥暖房機の点検について

  • ● 法施行以前に製造された製品についても、お客様のご要望に応じて点検(有償)を実施させていただきます。
    詳しくは、「点検の依頼と実施」のページをご覧ください。

点検制度についてのお問合せ先

■ 日立長期使用製品安全点検制度窓口

フリーダイヤル 0120−145−458 [受付時間]9:00〜17:30(月〜金)携帯電話、PHSからもご利用できます。(土、日、祝日および年末年始は休ませていただきます)

  • 本窓口等で取得致しましたお客様の個人情報は、お客様のご相談及びサポート等への対応を目的として利用し、適切に管理します。
  • 相談、ご依頼いただいた内容によっては弊社のグループ会社に個人情報を提供し対応させていただくことがあります。