ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品エアコン

技術の日立

厳しいテストをクリアした製品をお客様のもとへ

〜信頼性の追求〜

栃木事業所

安心して使用していただくために、厳しい内部試験をクリアして生産された製品だけを、お客様のもとへお届けしています。

栃木事業所

実使用を想定

環境試験

さまざまな環境で運転した時の運転特性や快適性の確認を行っています。

環境試験室

長期間の使用を想定

耐久試験

室内ユニットのパネルやフラップを連続運転し、耐久性の試験を行っています。

試験風景

厳しい寒さを想定

寒冷地試験

厳寒な環境下での運転試験を行っています。

試験風景

厳しい暑さを想定

40℃を超える猛暑の日でもしっかり冷房

熱がこもりやすい室外ユニット付近の過酷な温度条件も想定してJISに基づき試験を行っています。

※使用環境により、設定温度になるまで
時間を要すること等があります。

外気温43℃ 室外機付近53℃

万が一の時を想定

地震試験

震度7の地震発生でも室内ユニットが落下しないか、耐震試験を行っております。

振動試験場
耐風注水試験

暴風雨に耐えるための試験を行っています。

試験風景
燃焼試験

電気品が発火した時に延焼しないことを確認する試験を行っています。

万が一、基板などから発火した場合に延焼を防ぐ目的で鋼板で覆われた室外電気品

輸送時を想定

落下試験

梱包状態で輸送時の耐久性試験を行っています。

試験風景
このページは、RAS-X40H2の特長を紹介しています。
製造元 日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社

メニュー