ページの本文へ

Hitachi

日立アプライアンス株式会社

10度目の省エネ大賞を受賞!おかげさまで、日立ルームエアコンは平成6年目の初受賞から10度目の省エネ大賞を受賞しました。

省エネ大賞 受賞歴
省エネ大賞 受賞歴

※ 平成9年度(1997年)までは、省エネバンガード21

毎日のように使うエアコンこそ節電は大切。日立ルームエアコン白くまくんは、
省エネと使う人の快適を見つめ日立独自の省エネ技術を進化させてきました。

平成6年度(1994年)省エネルギーセンター会長賞

湿度と温度を自在にコントロール。世界初熱リサイクル方式「カラッと除湿」誕生。除湿して冷えた空気に、通常室外機から捨てていた熱をミックスし、乾いた空気を吹き出す「カラッと除湿」。冷却量(湿度調整)と再熱量(温度調整)を自由にコントロールできるので、いつでも快適な除湿が可能になりました。

* 当社調べ。1993年12月発売。家庭用エアコンにおいて。

平成6年度(1994年)省エネルギーセンター会長賞

大きく吸って、大きくはき出す日立独自の「新呼吸流パネル」採用。
運転するとパネルが開く日立独自の「新呼吸流パネル」採用。多面熱交換器とコニカルブレードファンの採用により「大きく吸って・効率よく暖めて・大きくはき出す」新発想の快適かつ省エネエアコン。「カラッと除湿」も搭載3年目となり、さらに省エネになりました。

平成6年度(1994年)省エネルギーセンター会長賞

省エネとハイパワーの両立をめざして。
世界初「PAMエアコン」誕生。インバーターよりさらに電圧幅を広く使えるPAM制御によって、ハイパワーと省エネの両立に成功。東北などの寒冷地でも充分に使える暖房パワーを実現させました。

* 当社調べ。1996年10月発売。家庭用エアコンにおいて。

平成6年度(1994年)省エネルギーセンター会長賞

「PAM制御」に加え、さらに効率を高めた「新呼吸流」など日立独自の省エネ技術により、省エネと快適性を実現。

平成6年度(1994年)省エネルギーセンター会長賞

日立が世界で初めて搭載した「PAM制御」をさらにパワーアップ。そして「PAM制御」の能力を最大限に活かす独自のデザイン・技術を新たに加え、他社の追随を許さない高次元での省エネとハイパワーの両立を実現させました。

平成6年度(1994年)省エネルギーセンター会長賞

エアコンをクリーンに保って省エネ・健康空調。全開PAMエアコン誕生。
空気清浄へのニーズが高まる中、PAMエアコンでは、省エネ・ハイパワー・除湿力に加え、本格クリーン機能を搭載。業界で初めてのまん中から開くクリーン全開パネルによって、フィルター掃除も簡単。さらに熱交換器もスプレー洗浄ができ、汚れによる能力の低下を抑えられるという、新しい省エネへの道もつくりました。

平成6年度(1994年)省エネルギーセンター会長賞

世界初「ダブルアクセルシステム」を搭載し、省エネと高暖房力を実現。ターボファン新採用でレベルアップした「給・排・気流制御システム」搭載の『フレッシュ給排白くまくん Sシリーズ』

* 当社調べ。2004年12月発売。家庭用エアコンにおいて。

平成6年度(1994年)省エネルギーセンター会長賞

室外機の熱交換面積拡大やコンプレッサーの高性能化等により、消費電力を抑えながらも高い暖房性能を実現しました。また、高効率な室内機用熱交換器やモーターも採用。これにより、最高水準の省エネ性能を実現したことが評価されました。

平成6年度(1994年)省エネルギーセンター会長賞

高い省エネ性と快適性の両立を実現。
圧縮機を中心に性能向上を図り省エネを実現しました。また、画像カメラ・温度カメラ・近赤外線カメラ機能を採用した「くらしカメラ 3D」が、人の位置・足もと、部屋の間取りに加えて、家具の位置・形状まで検知して「気流の通り道」を見つけます。新開発の「3分割フロントフラップ」が「気流の通り道」に適した風を送ることにより、家具を避けながら、暖房時には足もとへ迅速に暖気を届け、冷房時には人のいるエリアを中心としつつ部屋全体を涼しくするなど、快適な空調を実現します。

省エネ技術
業界初 人を識別し在室時間がわかる。体感温度を予測して快適&省エネ。日立はエコにくらしカメラAIを足し算

注1 当社調べ。2016年10月31日発売。国内家庭用エアコンにおいて。人を識別し在室時間を特定する技術。 ※RAS-X40G2において、当社独自の条件により評価しています。
注2 当社環境試験室で測定。RAS-X40G2。洋室14畳、在室人数は2人。外気温2℃、設定温度25℃で運転。6時間運転した時の1時間あたりの積算消費電力量が[ひと識別]ON時(523wh)とOFF時(522wh)との比較。 ※「体感温度」とは人が感じる温度の感覚を定量的に表したもので、当社独自の条件に基づいています。

暖房中、お部屋に長時間いると不快に感じるというお悩みに。日立は[くらしカメラAI]が在室時間によって異なる体感温度の変化を予測。人が不快と感じる前に、暑い寒いの感じ方に合わせて、冬は一人ひとりの暖め方をコントロールして、足もとから快適に。

※イメージ図 ※制御例です。

くらしカメラAI

カメラだから実現できる高性能なセンシング
日立のエコ
日立のエコ地球環境に配慮した新冷媒R32の特性を考慮した圧縮機などにより省エネを実現。

「湿度カメラ」機能

注3 当社調べ。2016年10月31日発売。国内家家庭用エアコンにおいて。吸い込み温度・湿度、温度カメラから室内湿度分布を算出する技術。

省エネを実現した技術

室内機

室外機

製造元 日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社