ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

内がまでお米を研ぐことはできます。
ただし、金属製のおたまや泡立て器など、鋭利なものは使わないでください。フッ素皮膜が傷つきはがれることがあります。フッ素皮膜はご使用により消耗しますので大切にお使いください。

[フッ素皮膜が剥がれてしまった場合]
 フッ素皮膜は、人体への害はありません。
 ただし、フッ素皮膜はごはんのこびりつきを抑えるものなので、内がまの交換をおすすめします。

おいしいごはんの炊飯と保温のしかた(再生時間:3分26秒)
※映像は、RZ-TW3000Kで説明しています

「使い方のポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。