ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

以下をご確認ください。

【しゃっきりと炊くには】

  • 水位を少なめに水加減してください。
  • [極上]の炊きかたの中に[極上新米]や[しゃっきり]が選べる機種はお試しください。(新米でないお米でも効果があります)

【さらにくわしく】

[お米の量]

  • お米は付属の計量カップ(約180mL=約1合)ですりきりで計ってください。無洗米をご使用の場合は、無洗米用計量カップ(約170mLのグリーンのカップ)が付属している機種は無洗米用計量カップをご使用ください。
    市販の調理用計量カップは約200mLのものがありますので使わないでください。
    計量こめびつも、操作方法によってお米が少なくでることがあります。
  • 炊きかたごとの炊飯できる量を超えないようにしてください。

[洗米]

  • すすぎ水がきれいになるまで、すすいでください。
  • 洗米時に力を入れすぎないでください。(お米が割れて、べたつきの原因)
  • 洗米後にお米をざるに上げたままにしないでください。(お米が乾燥して割れる原因)
  • 無洗米の場合は、底からお米をかき混ぜ、にごりがなくなるまですすいでください。

[水加減]

  • お湯やアルカリ度の高い水を使用すると、お米への浸透が早く、べたつく場合があります。
  • お米を長時間水に浸すと、べたつきの原因になることがあります。
    予約炊飯で浸し時間が長くなる場合は、水加減を少なめに調整してください。

[炊飯コース]

  • 無洗米の場合は、[無洗米]を選んでください。([無洗米]が選択できる機種のみ)
  • 少量を炊飯する場合は、[少量]の設定をしてください。([少量]コースのある機種のみ)

[つゆを少なくするモードへの切り替え(圧力式の場合)]

  • 圧力式炊飯器は蒸気が抜けにくいため、炊飯直後にふたに付くつゆが多めになります。
    炊飯直後にふたを開けたとき、ふたから垂れるつゆが気になる場合は、つゆを少なくするモードへ切り替えることができます。切り替えかたはお使いの機種の取扱説明書をご確認ください。
  • 切り替えるとふたからの加熱が強くなるため、ごはんの表面が硬めになる場合があります。
  • 保温の途中でつゆが気になる場合は、「おいしく保温」の「べたつく・つゆがつく」をご覧ください。

[炊き上がったらすぐほぐす]

  • 炊き上がったごはんは、すぐほぐしてください。
    ごはん粒の間に残った余分な蒸気を飛ばして、おいしく仕上げるためです。
    ほぐさないと固まったり、べたついたり、ムラの原因になります。

[電源]

  • 15A以上のコンセントを単独で使ってください。延長コードを使ったり、同じコンセントで他の電気製品を同時に使うと、電圧が下がりうまく炊き上がりません。
  • 炊飯中に[切/とりけし]ボタンを押したり、停電したり、電源プラグを差し替えるなど、炊飯を中断させると、うまく炊き上がらない場合があります。

「おいしく炊けない場合の対処方法」と同カテゴリの記事一覧

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。