ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

以下をご確認ください。

  • おかゆは炊飯メニュー[おかゆ]がある機種で炊飯できます。水位線も[おかゆ]に合わせてください。
    おかゆは重湯(ごはんが溶けた汁)の量の少ない[全がゆ]ができるように設定されています。
  • 重湯の量を増やしたいとき(離乳食や介護食など)は、水加減を増やさず、お米の量を減らしてください。
    [5分がゆ(全がゆに比べ重湯が多い)]の場合、例えば1合の半分の0.5合のお米で、1合の水位線に合わせます。
  • 増やした重湯のとろみを増したい場合は、炊き上がり後、底からよくかき混ぜ、ふたを閉めて数分間余熱で蒸らしてください。(全がゆの場合は重湯がごはんに吸われてしまいますが、重湯の多い5分がゆでは重湯のとろみが増します。)
  • さらにごはんを減らすことで重湯を増やせますが、重湯のとろみが少なくなりますので、お米を半量にする5分がゆまでをお勧めします。

「炊込みごはんなどのコツ」と同カテゴリの記事一覧

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。