ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

  1. 定格能力とは、お部屋を十分に冷やしたり、暖めたりするのに必要な能力のことで、お部屋の広さによって異なります。定格能力を発揮するときの消費電力を定格消費電力といいます。
  2. 中間能力とは、定格能力の約1/2の能力のことです。中間能力を発揮するときの消費電力を中間消費電力といいます。室温が安定したときなど大きな能力を必要としない場合に発揮される能力ですので、実使用上、発生頻度としては最も高いといえます。

「選ぶときのポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。