ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

  1. 待機電力オフ機能は、電子レンジを使用していないときの待機電力を節約するための機能です。ドアを閉めて待機状態が5分または10分続くと自動的に電源を切ります。(表示窓の"0"表示が消えます)
    待機電力オフ機能が働くと、表示窓の表示が消え、キーを受け付けなくなります。ドアを開閉しないと電源が入りません。
    また、購入当初などドアを閉じた状態で差込プラグをコンセントに差し込んだだけでは電源が入りません。同様にドアの開閉を行って電源を入れてください。

取扱説明書抜粋

待機電力オフ機能について

電子レンジを使用していないときの電力を節約するため5分(MRO-DX10は10分)後に自動的に電源を切ります(表示窓の"0"表示が消えます)。キーを押しても受け付けません。ドアを開閉すると電源が入り(表示窓の"0"表示が点灯します)キーを受け付けます。

ドアを閉じた状態で差込プラグをコンセントに差し込んだだけでは電源が入りません。一度ドアを開けてください。

「故障かな?」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。