ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

  • オーブン発酵
    ヒーター加熱での発酵です。
    オーブンレンジでは、一般的な発酵方式であり、庫内を発酵温度(約40℃前後)にして、食材の外側から発酵させています。
  • レンジ発酵&PAM発酵
    「レンジ発 酵」と「PAM発酵」は同じ機能です。日立オリジナルであるため、この機能をアピールさせて頂くために「PAM発酵」と名称をつけさせて頂きました。これ は、微弱な出力のレンジ加熱で食材をあたためて発酵させるものです。オーブン発酵では、庫内を発酵温度にするため、
    1. ヒーター加熱の立ち上がり時間が必要であること。
    2. 食材の表面から発酵温度になじんでいくため、食材の中心までこの温度に達するまでの時間が必要で、ある程度の発酵時間が必要になります。
    これに対し「PAM発酵」では、微弱な電波(マイクロ波)で食材を発酵温度にするために早い時間で発酵させる事ができます。この「PAM発酵」は 「ワイドPAM」を搭載した事により、250Wを断続運転し、微弱な出力(約20W相当)で加熱する事が可能になったためできるものです。

「選ぶときのポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。