ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

  1. 「生解凍」「ゆで野菜」メニューは食品の重さを計ってオート調理する重量センサーが働 き、重量に応じて加熱時間を決めています。フラットタイプの製品はテーブルプレートを、ターンテーブルタイプの製品は付属の回転台と丸皿を正しくセット し、プレートまたは丸皿の上に直接食品をのせてお使いください。
    通常食品を入れる容器や皿と一緒に食品を入れてしまいますと、お皿の重さ分、重い食品と判断し加熱しすぎになってしまいます。

    付属の丸皿に直接食品をのせてください

  2. 生解凍のコツ
    生解凍にはマグロ、イカ、えび(さしみ用)など、解凍後そのまま食べる場合と、肉や魚を解 凍後、調理するときに使用する場合があり、使い分けが必要です。型式によって2種類のオートメニューがある製品や1種類のオートメニューで仕上がり調節を 使って選択する製品がありますので取扱説明書を確認してください。
    ゆで野菜のコツ
    ゆで野菜の場合は、調理する野菜の種類(葉菜・根菜)により"仕上がり調節キー"を使い分けます。
  3. どちらのメニューも1回のオート調理でできる最小分量は100gとなっています。分量が100g未満のときはオート調理が上手にできません。この場合は、手動調理で様子をみながら加熱します。詳しくは"取扱説明書"をよくお読になってご使用ください。

「使い方のポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。