ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

  • 「茶わん蒸し」は取扱説明書の「料理編」に記載されておりますのでご覧下さい。製品によっては「オート調理」/「手動調理」での紹介になっております。
  • 目玉焼き」は取り扱い説明書の「料理編」-「手動調理」に記載されておりますのでご覧下さい。
    一般的には、「レンジ」「200W」での加熱になります。「700W」「500W」での調理は卵が破裂しますのでご注意下さい。
    また、セラミック角皿を付属しております、MARO-DX10、MAO-SX1、(MRO-EX1)では、このセラミック角皿をグリル機能で予熱し、畜熱されたセラミック角皿に卵を落としてから焼き上げる「グリル陶板焼き」機能でおいしくできます。

茶わん蒸し(再生時間:4分50秒)
※映像は、MRO-MBK5000で解説しています

「使い方のポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。