ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

以下を参考にお使いください。

【使い方のポイント①】
スリープ野菜室(スリープ野菜スペース)内は湿度が高いため、野菜の保存に適していますが、保存する野菜の種類によりお薦めする場所が異なります。

  • (上段スペース)使いかけの野菜や小物野菜(トマト、ピーマンなど)、果物など(オレンジなど)
  • (たて収納スペース)背の高い野菜(きゅうり、にんじんなど)や2Lペットボトルなど
  • (下段スペース(スリープ野菜スペース))葉物野菜(ホウレンソウ、小松菜など)や、大物野菜(キャベツ、レタスなど)など

【使い方のポイント②】

  • ラップなしで野菜を保存できます。ただし、以下の場合など、状況に合わせて食品にラップすることをおすすめします。
    ○野菜の収納量が少ない場合
    ○ケースなどへの結露が気になる
    ○ニオイ移りが気になる

「使い方のポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。