ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品洗濯機・衣類乾燥機

洗濯機をお使いのお客様が洗濯・脱水槽が完全に停止する前に、洗濯物を取り出そうとして誤って槽の中の衣類に触れますと、衣類が指にからまり、指の切断など大きな事故につながる可能性があります。
このような事故を未然に防ぐために、弊社では次のようなお願いをしております。

  • 洗濯・脱水槽が完全に止まるまでは、槽の中の洗濯物には絶対に手を触れないでください。
    ゆっくりした回転でも洗濯物が手に巻きついてけがをすることがあります。
  • 脱水中、ふたを開けてから15秒以内に洗濯・脱水槽が止まらない場合は、故障のおそれがありますので、速やかに、ご購入の販売店にご相談ください。
    不明な場合は下記問い合わせ先までご相談ください。なお、点検・修理の費用は、それぞれの窓口にご確認ください。
    ただし、機種によっては修理ができない場合もございますので、あらかじめご了承願います。

安全にお使いいただくためのお願い洗濯乾燥機・全自動洗濯機・二槽式洗濯機をご使用のお客様へ
脱水中の異常振動を事故未然防止のためのお願い

防水性繊維製品等の水を通しにくいものを洗濯すると、防水性繊維製品等の中に溜まった水が脱水時に急激に移動し、洗濯・脱水槽が突然バランスを崩すことで異常振動が発生するおそれがあります。異常振動が発生すると、衣類が損傷したり、洗濯機が大きく移動し、周囲の壁や床が壊れたり、水漏れするおそれがあります。
このような事故を未然に防ぐために、弊社では次のようなお願いをしております。

●防水性のマット・シートや衣類、足ふきマット、玄関マットなど硬くて厚いもの、水を通しにくい繊維製品、カーペットは、洗い・すすぎ・脱水・乾燥をしない
防水性の衣類は水を通さないため、洗濯・脱水槽の中に水が溜まります。脱水時に、その溜まった水が急激に移動し、洗濯・脱水槽の回転バランスが瞬時にくずれ、異常振動が発生します。脱水時の異常振動により、洗濯物が飛び出したり、衣類が損傷したり、洗濯乾燥機や周囲の壁や床などを損傷するおそれがあります。
例えば 釣具ウェア、スキーウェア、雨ガッパ、寝袋、サウナスーツ、ウェットスーツ、ウィンドブレーカー、紙おむつ、おむつカバー、自転車・バイク・自動車カバー、カーペット、防水性マット・シート、足ふきマットなど硬くて厚いものなど
●毛布など大物の洗濯物を折りたたんで重ねて洗濯しない
折りたたんだ衣類の固まりが、脱水中に突然バランスをくずし、異常振動が発生するおそれがあります。脱水時の異常振動により、洗濯物が飛び出したり、衣類が損傷したり、洗濯乾燥機や周囲の壁や床などを損傷するおそれがあります。
●一辺が40cm以上の大きなネットは使用しない
異常振動の原因になったり、洗濯物が片寄り、運転できないことがあります。
※異常振動が発生した場合、安全装置が作動しますが、洗濯・脱水槽が高速で回転しているため、すぐに回転は止まりません。

お客様相談センター

TEL
0120-3121-11

携帯電話・PHS
050-3155-1111(有料)

[受付時間]
9:00〜17:30(月〜土)
9:00〜17:00(日・祝日)
(年末年始は休ませていただきます)

  • 【お知らせ】
  • 誠に恐れ入りますが、2017年11月19日(日)は弊社設備点検のため休業とさせていただきます。
    ご不便をおかけして申し訳ございませんが、予めご了承をお願いいたします。
  • 本窓口等で取得致しましたお客様の個人情報は、お客様のご相談及びサポート等への対応を目的として利用し、適切に管理します。
  • ご相談、ご依頼いただいた内容によっては弊社のグループ会社に個人情報を提供し対応させていただくことがあります。