油で揚げないカレーパン 使用付属品
カロリー塩分
162kcal0.7g

※カロリーと塩分は1人分または1回に作れる分量の値です。

材料

小麦粉(強力粉)
150g
砂糖
9g
2g
ドライイースト
3g
カップ1/2(約100mL)
バター
12g

カレーあん

レトルトカレー(市販の物)
1袋(約200g)
玉ねぎ(みじん切り)
50g
小麦粉(薄力粉)
9g
小麦粉(薄力粉)
適量
卵(溶きほぐす)
1個
煎りパン粉
適量

8個分

小麦粉(強力粉)
150g
砂糖
9g
2g
ドライイースト
2.5g
カップ1/2(約100mL)
バター
12g

カレーあん

レトルトカレー(市販の物)
1袋(約200g)
玉ねぎ(みじん切り)
50g
小麦粉(薄力粉)
9g
小麦粉(薄力粉)
適量
卵(溶きほぐす)
1個
煎りパン粉
適量

作りかた

  1. 給水タンクに満水ラインまで水を入れてセットする。
  2. レトルトカレーを深めの耐熱容器に移し、Bを加え、よく混ぜ合わせレンジ200W7〜10分で途中かき混ぜながら加熱し、冷めてから8等分する。
  3. ポリ袋(市販)にAとドライイーストを入れて混ぜ合わせる。
  4. バターを容器に入れレンジ500W約30秒で加熱して溶かし、水を加える。
  5. に入れてポリ袋に少し空気を入れて口を閉じ、振って粉と水分をよく混ぜ合わせる。
  6. を約10分十分にこねる。
  7. を2〜3cmの厚さに整え、スチームレンジ発酵30W8〜12分で1次発酵をする。
  8. 打ち粉(強力粉・分量外)をしたのし台に生地を取り出し、手でかるく押して中のガスを抜く。
  9. 生地をスケッパー(または包丁)で8個(1個約33g)に切り分ける。手でちぎると生地が傷んでふくらみが悪くなる。
  10. をだ円形にのばしのカレーあんを包み、閉じ口をしっかり止め、小麦粉、卵、煎りパン粉の順につける。
  11. をオーブンシートを敷いたテーブルプレートに並べる。
  12. を加熱室底面にセットしスチームレンジ発酵30W8〜12分で2次発酵する。
  13. 発酵後、テーブルプレートを取り出し、生地をのせたオーブンシートの両端を引いてすべらせながら黒皿に移す。
  14. テーブルプレートを加熱室底面にセットし、中段に入れ135 簡単パンで加熱する。

煎りパン粉の作りかた

材料・作りかた

フライパンにパン粉を入れ、全体がきつね色になるまで煎る。煎った色がほぼ加熱後の焼き色になるため、均一に色がつくよう焦がさないように途中でこまめにゆすって煎り、冷ます。

簡単パンのコツ

使えるポリ袋は
市販の25×35cmほどの大きさで、穴のあいていない電子レンジで使える 半透明の袋か、透明なポリ袋です。
発酵の時間は様子をみて加減
季節や室温、テーブルプレートの冷え具合によって違います。1次発酵は8〜12分発酵させ、2次発酵で調節します。
  ふくらみが小さい ふくらみが大きい
2次発酵 12〜20分 6〜8分
生地が乾燥しないように
生地表面が乾燥するとふくらみが悪くなります。ラップかかたく絞ったぬれぶきんをかけたり、表面に霧を吹きます。
生地の丸めかた(成形)は
なめらかな面を表にして切り口を中にかくすように丸め、裏側の開いている部分を指でつまんで閉じます。
パンの表面につやを出したいときは
焼く直前に、生地の表面に塩少々を加えた溶き卵を薄く塗ります。
こねあげの目安は
粉のかたまりがなくなり、粘りけが出て、ガムのようにのびるようになって、生地が袋から離れて1つになるのが目安です。

発酵の仕上がり目安は
室温やイーストの種類によって多少異なります。
●1次発酵は生地が1.2〜1.5倍になり、のばしたときに網目状になるのが目安です。

●2次発酵は生地が1.5倍くらいになるのが目安です。