ページの本文へ

Hitachi

クリーナー

周囲状況をすばやく判断して
かしこく、しっかり集じんします。

イメージ図

小さなボディをいかして、こまめに丁寧に掃除します。
また、独自のダブルかきとりブラシや小型ハイパワーファンモーターRによる高い集じん力で、さまざまな床のごみがしっかり取れます。

状況を的確に判断する
minimaru(ミニマル)AI

複数のセンサーにより周囲状況をすばやく判断。状況に合わせて100以上のパターンから動作を選択し、障害物を回避したり狭いすき間に進入するなど、自動で運転制御。これにより、こまめに丁寧に掃除します。

効率のよい掃除プロセスで
お部屋をしっかり掃除(自動モード*1

  • イメージ図

    ごみのたまりやすい壁ぎわを掃除。隅や家具の間も入り込みしっかり掃除。

  • イメージ図

    さまざまな角度で走行。イスの脚周りなども丁寧に。

  • イメージ図

    掃除が終わったと判断すると自動で充電台に戻ります。

    (掃除時間は最長約90分*1、稼働面積最大約32畳)
    ※条件により異なります。

掃除する場所に合わせた
多彩な動作パターン

周囲状況を速やかに判断し、丁寧に掃除します。

イメージ図
回り込み

イスの脚の周りをクルッと一周し、次の脚を見つける動作を行います。*2

イメージ図
隅掃除

お部屋の隅を検知すると首ふり動作。小さいから隅に寄れます。*2

イメージ図
壁ぎわ走行

壁との距離を検知して、スピーディーに走行します。*2

イメージ図
玄関などの段差を検知して、
落下を自動で回避。

※約5cm以下の段差は検知しないことがあります。落下回避のためには、壁代わりになるものを前に置いてください。

イメージ図
ラグなどの段差を乗り越える。

※床面の材質や形状、使用状況によっては乗り越えられない場合があります。

イメージ図
自動で充電台へ。

掃除終了と判断したときやダストケースがごみでいっぱいになったとき、電池残量が少なくなったときは自動で充電台へ。

4ステップでごみを集じん
イメージ図
床質センシング・ごみセンサー

床質とごみの量にあわせて吸引力を自動で調整。吸引力の強さをパワーモニターの色で表示します。

床質センシングイメージ図
ごみハンター走行

ごみが多い場所を自動で判断、そのエリアに戻って掃除します。

イメージ図
ダブルかきとりブラシ

フローリングの溝などからごみをかき出す回転ブラシと、カーペット上の綿ぼこりを取るかきとりブラシを組み合わせ、さまざまな床面のごみを取り除きます。

カーペット上の綿ぼこりもスッキリ

カーペット上の綿ぼこりもスッキリ

小型ハイパワーファンモーターR

ロボットクリーナー専用に小型・軽量と高効率を追求したファンモーターを開発し、搭載しました。

イメージ図
リチウムイオン電池

電池の寿命は毎日使っても約3年間。※当社調べ。

Li-ion
充電時間 約3時間
掃除時間 最長約90分(自動モード*1

[かしこく、しっかり集じん]の動画(約52秒)をチェック

*1 RV-X10J 自動モード/通常コースの場合。部屋の広さやごみの量、電池の状態などによって異なります。充電台に自動で戻る際の時間は含みません。

*2 壁・家具・脚方向および、隅側のサイドブラシの回転が速くなります。

〇 RV-X10Jの特長を紹介しています。

〇 写真・イラストはイメージです。