ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品照明器具

まずは天井をチェック!

天井の配線器具が「引掛埋込ローゼット」「角形引掛シーリング」「丸形引掛シーリング」の場合、電気工事なしで照明器具が取り付けられます。

  • 引掛埋込ローゼット

    引掛埋込ローゼット

  • 角形引掛シーリング

    角形引掛シーリング

  • 丸形引掛シーリング

    丸形引掛シーリング

※天井に上記部品が付いておらず、新たに取り付け工事をされる場合は電気工事店(有資格者)にご依頼ください。
※照明器具は重量物です。天井の取り付け部の強度をお確かめのうえ、取り付けてください。

日立のLEDシーリングの取り付け方[らくづけポン]

LEDシーリングは取り付けが、こんなに簡単。工具なしで、取り付けできます。

万が一、配線器具が破損、規定未満であった場合は、火災・感電・器具の落下の恐れがあるため、注意!このような配場合は取り付けないを必ずご参照ください。

注意 このような場合は取り付けない

以下に該当する場合は取り付け箇所の変更、新しいものとの交換が必要となるため、電気工事店に配線器具交換をご依頼ください。そのまま使用しますと火災・感電・器具の落下によるけがの原因となります。

[天井]

天井の形状によってはLEDシーリングが設置できない場合があります。必ず平らな天井に取り付けてください。

天井

[配線器具]

破損やガタつき、電源が露出している場合、高さが規定未満の場合は、電気工事店に依頼して配線器具を交換してください。

配線器具
配線器具
必ず守る

●天井に配線機具が付いていない場合は、電気工事店(有資格者)に取り付け工事を依頼してください。※工事には資格が必要です。

LEDシーリングライトを選ぶ
3つのポイント

お部屋にぴったりのLEDシーリングライトを選ぶ際の、ポイントをご紹介します!

1.お部屋のタイプで選ぶ

例えば、さまざまな用途で使うリビングは、シーンに合わせて明るさや光色を切り替えたり空間を演出できるあかりに。こども部屋なら、しっかり明るく、文字や色が見やすいあかりなど、お部屋に合ったあかりを選びましょう。

2.お部屋の広さ(畳数)で選ぶ

日立のLEDシーリングなら

6畳から14畳まで各畳数基準最大限の明るさ※1を実現!※2

<左右にスワイプ>

「適用畳数」の表示基準と日立の明るさ

「適用畳数」の表示基準*1

3.光の広がり方を確認する

LEDは蛍光灯や電球と比べると光が広がりにくい傾向があります。光が広がるタイプのLEDシーリングを選択しましょう。

日立のLEDシーリングなら

光を効率よく広げるレンズカバーで部屋中に明るさが広がります。

イメージ図

光を効率よく広げる[レンズカバー]を採用

形状が異なる3種類のレンズを使い分けることで、最大限の明るさ※1が部屋中に広がります。

形状が異なる3種類のレンズを
使い分け

  • 1 透明の小型レンズ

    透明の小型レンズ
  • 2 半透明のだ円形レンズ

    半透明のだ円形レンズ
  • 3 透明の大型レンズ

    透明の大型レンズ

部屋中明るい

壁や天井にも光が広がる
(イメージ)
部屋中明るい 壁や天井にも光が広がる(イメージ)

関連コンテンツ

よくあるご質問
LEDシーリングライトと
LEDペンダントの保証と
アフターサービス
嵐のスペシャルコンテンツ

● 照明器具の保証期間は、商品お買い上げより1年間です。但し、電源基板・LED光源基板は5年間です。詳細はこちらをご覧ください。

● 保証期間を過ぎているときは、お買い上げの販売店(工事店)にご相談ください。修理によって機能が維持できる場合は、ご希望により有料修理させていただきます。

● ご使用中、器具に異常が生じた場合は直ちに使用を中止し、お買い上げの販売店(工事店)に、器具の形式・故障状況を連絡のうえ修理を依頼してください。

● この製品は日本国内用です。電源電圧や電源周波数の異なる海外では使用できません。また、アフターサービスもできません。

※ 2013年11月1日以降お買い上げの商品(カタログで畳数表記があるもの)が対象になります。

安全にお使いいただくためのお願い