ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品電子レンジ

バターロール(ロールパン)

このレシピはMRO-TT5対応レシピです。

材料・作り方

材料(6個分)

小麦粉(強力粉)150g
砂糖大さじ2強(約20g)
小さじ1/2弱(約2g)
ドライイースト(顆粒状で予備発酵不要の物)小さじ1(約2.5g)
ぬるま湯(約40℃)20~30mL
卵(溶きほぐす)1/3個(約25mL)
牛乳(室温に戻す)50mL
バター(室温に戻す)30g
〈つやだし用卵〉 
卵(溶きほぐす)1/2個
ひとつまみ

作りかた

  1. ボウルにAとドライイーストをふるい入れ、Bを加えて手でかるく混ぜ、バターを少しずつ加え、よく混ぜてひとまとめにする。
  2. 生地がベトつかなくなり、ボウルからクルンと離れるようになるまで、よくこねる。
  3. 台にたたきつけてのばしたり、半分に折って押したりしながら約15分こね、生地を丸める。
  4. バター(分量外)を薄く塗ったボウルに入れ、霧を吹き、かたく絞ったぬれぶきんかラップをかける。丸皿にのせてオーブン予熱なし40℃(発酵)50~70分発酵させる。
  5. 生地が2~2.5倍に発酵したら指に小麦粉をつけ、生地の中央を刺してみて、指の穴がそのまま残れば発酵は十分。
  6. ボウルをふせて生地を取り出し、手でかるく押して中のガスを抜く。
  7. 生地をスケッパー(または包丁)で6個(1個約46g)に切り分ける。手でちぎると生地が傷んでふくらみが悪くなる。
  8. 生地のひとつひとつを手のひらか、のし台で表面がなめらかになるように丸める。
  9. 丸めた生地をのし台に並べ、かたく絞ったぬれぶきんかラップをかけて、生地の温度が下がらないようにして約20分休ませる。(ベンチタイム)
  10. 生地を手のひらにはさみ、すり合わせるようにしながら円すい形にし、さらにめん棒で細長い三角形にのばす。
  11. 三角形の底辺からクルクルと巻き、バター(分量外)を薄く塗った丸皿に巻き終わりを下にして放射状に並べる。
  12. 生地に霧を吹きオーブン予熱なし40℃(発酵)25~35分生地が2~2.5倍になるまで発酵し、表面につやだし用卵を薄く、ていねいに塗る。
  13. オーブン予熱あり160℃18~24分予熱する。予熱終了音が鳴ったら12を回転台の上にセットし、焼く。

〔ひとくちメモ〕
●作りかた1の材料を全部もちつき機に入れ、8~10分ねると生地が簡単に作れます。この場合、ぬるま湯は20~25℃まで冷まして使います。

バターロールのコツ

牛乳は室温に戻して
冷蔵室から出したての冷たい物を使うと、ふくらみが悪くなります。
こね上げた生地の温度
25~27℃が最適です。夏場のように室温が高いときは、多少低めにします。
発酵の仕上がり具合は
イーストの種類や室温、季節によって多少違います。発酵不足のときは、様子を見ながら時間を追加してください。
生地が乾燥しないように
かたく絞ったふきんをかけたり、霧を吹いたり湿り気をあたえます。表面が乾燥するとふくらみが悪くなります。
生地の扱いはていねいに
手のひらでかるく扱います。ちぎったり、形が悪くやり直したりすると、生地が傷んでふくらみが悪くなります。
つやだし用卵は薄く、ていねいに
なでるようにして表面に塗ります。たっぷり塗ると丸皿に流れ落ち、パンの底が焦げてしまいます。
発酵し過ぎたパン生地は
きれいにふくらみません。ピザや揚げパンにするとよいでしょう。
パンをおいしく保存するには
あら熱が取れたらポリ袋に入れておきます。すぐ食べないときは1個ずつラップで包み、冷凍室で保存します。食べるときはラップを外し1個あたりレンジ600W20~30秒加熱します。
  • 電子レンジ商品情報
  • フリーワード検索
  • 当サイトはスマートフォンでもご利用できます。QRコード対応のスマートフォンをお持ちの方は、QRコードを読み取るだけでURLが表示されます。

    ※ただし、お使いの機種によっては撮影できない場合があります。