ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品電子レンジ

簡単パン

このレシピはMRO-TT5対応レシピです。

材料・作り方

材料(8個分)

小麦粉(強力粉)150g
砂糖 大さじ1(約9g)
小さじ1/3(約2g)
ドライイースト(顆粒状で予備発酵不要の物) 小さじ1(約2.5g)
90~100mL
バター(室温に戻す) 大さじ1(約12g)

作りかた

  1. ポリ袋(市販)にAとドライイーストを入れて混ぜ合わせる。
  2. バターを容器に入れレンジ600W約30秒加熱して溶かし、水を加える。
  3. 21に入れてポリ袋の口を閉じ、振って粉と水分をよく混ぜ合わせる。
  4. 10分間十分にこねる。この時、ポリ袋に少し空気を入れて口を閉じると、簡単に両手でこねることができる。
  5. 4の生地を2~3㎝の厚さに整えて丸皿の中央にのせレンジ発酵8~14分一次発酵させる。
  6. のし台に少し打ち粉(強力粉)をして、生地を袋から取り出す。
  7. 生地をかるく押して中のガスを抜き、スケッパーまたは包丁で8個(1個約33g)に切り分ける。
  8. 生地を手のひらで丸めてオーブンシートを敷いた丸皿の円周に(写真参照)並べる。
  9. 生地に霧を吹きレンジ発酵8~12分ニ次発酵させる。
  10. 発酵が終わったらそのままオーブン予熱なし170℃26~30分で焼く。

簡単パンのコツ

1回の分量は
表示の分量です。手軽に簡単に、短時間で作れる最適分量です。
使えるポリ袋は
市販の25×35cmほどの大きさで、電子レンジで使える半透明の袋が適していますが、透明なポリ袋でもよいでしょう。穴のあいていないことを確認してから使いましょう。
こね上げの目安は
粉のかたまりがなくなり、粘り気が出て、ガムのように伸びるようになって、生地が袋から離れてひとつになるのが目安です。

発酵の仕上がり目安は
室温やイーストの種類によって多少違ってきます。一次発酵は生地が網目状になり1.2~1.5倍になるのが目安です。

二次発酵は生地が1.5倍くらいになるのが目安です。

発酵の時間は
季節や室温、丸皿の冷え具合によって違います。一次発酵は8~14分発酵させ、二次発酵で調節します。
  ふくらみが小さい ふくらみが大きい
2次発酵 12~20分 5~7分
生地が乾燥しないように
分割や成形のときはかたく絞ったぬれぶきんをかけたり、ポリ袋に入れ、二次発酵のときは霧を吹きます。
生地の丸めかた(成形)は
なめらかな面を表にして切り口を中にかくすように丸め、裏側の開いている部分を指でつまんで閉じます。
パンの表面につやを出したいときは
焼く直前に、生地の表面に塩少々を加え、溶き卵を薄く塗ります。
  • 電子レンジ商品情報
  • フリーワード検索
  • 当サイトはスマートフォンでもご利用できます。QRコード対応のスマートフォンをお持ちの方は、QRコードを読み取るだけでURLが表示されます。

    ※ただし、お使いの機種によっては撮影できない場合があります。