ページの本文へ

チンゲン菜いため

加熱の目安

約3分

1回に作れる分量

1~2人分

使用付属品

テーブルプレート
底面

カロリー塩分
81kcal0.3g

※カロリーと塩分は1人分または1回に作れる分量の値です。

このレシピはMRO-W1B対応レシピです。

材料・作りかた

材料

チンゲン菜(ひと口大に切る)
100g
ごま油
大さじ1/4
A にんにく(みじん切り)
適量
A 赤とうがらし(へたと種を取り、2等分)
1本
A ごま油
大さじ1/4
適量
こしょう
適量
チンゲン菜(ひと口大に切る)
200g
ごま油
大さじ1/2
A にんにく(みじん切り)
適量
A 赤とうがらし(へたと種を取り、2等分)
2本
A ごま油
大さじ1/2
適量
こしょう
適量

作りかた(2人分)

  1. ポリ袋(市販)にチンゲン菜とごま油を入れて、混ぜ合わせる。
  2. 大きくて深めの耐熱ボウルにAを入れる。
  3. にポリ袋から取り出したを入れ、かるくラップをする。
  4. をテーブルプレートの中央に置き054 チンゲン菜いためで加熱する。
  5. 加熱後、よくかき混ぜ、塩とこしょうで味を調える。

チンゲン菜いためのコツ

野菜の形状や配合は
作りかたに記載された通りの切りかたや配合にします。
記載よりも大きい形状の場合、加熱されにくくなります。
ボウルへ入れる手順は
作りかた通りに入れます。
記載と異なる手順にすると加熱されにくくなったり、加熱しすぎたりする場合があります。
やわらかくしたいときは
仕上がり調節やや強またはで加熱します。
容器は大きくて深めの物を
直径約25㎝(内径約22.5㎝)、深さ約10㎝、重さ耐熱ガラスボウル 約1.0㎏、
耐熱プラスチックボウル 約200gの広口耐熱ボウルが適しています。
ラップのかけかたは
1枚だけかるくかけてください。複数枚柾寝てかけると正しく温度が測れません。

当サイトはスマートフォンでもご利用できます。QRコード対応のスマートフォンをお持ちの方は、QRコードを読み取るだけでURLが表示されます。

※ただし、お使いの機種によっては撮影できない場合があります。