ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品冷蔵庫

大容量冷蔵庫「真空チルド」XGシリーズ 新商品ニュース

スポット冷蔵[サッと急冷却]

作りたてのお弁当を早く冷ましたり、調理中のあら熱取りに便利な「サッと急冷却」を新採用

イメージ図

約2℃の低温で、鮮度長持ち。

※当社調べ。

[低温冷蔵]スペース
(冷蔵室3・4段目)
「冷却モード」ボタンで設定※1

冷蔵室3・4段目を通常の冷蔵室よりも低い、約2℃の低温に設定できます。週末に作り置きした料理や下ごしらえした食材も、菌の繁殖を抑えて*1鮮度長持ち。

[低温冷蔵]スペース
イメージ図

温かい鍋がそのまま入れられます。

[オート急冷却]スペース
(冷蔵室3・4段目 右棚)
「冷却モード」ボタンで設定※1
温度センサーが食品の温度を検知、オートで急冷却※2。まわりの食品への影響が抑えられるから、カレーなどの鍋が冷めきる前に入れられます。※3
「冷却モード」ボタンで設定※1
食材・料理の写真はイメージです。

※食材・料理の写真はイメージです。

早く冷やしたいときに便利。※当社調べ。

早く冷やしたいときに便利。※当社調べ。

[サッと急冷却]スペース
(冷蔵室3・4段目 右棚) NEW
「冷却モード」ボタンで設定※4

「サッと急冷却」スペースの冷気の量を一時的に増やし、集中的に冷気を流すことで、すばやく冷却できます。これにより、作りたての弁当を早く冷ましたり*2、ハンバーグを下ごしらえする際の炒めた玉ねぎのあら熱取りの時間短縮*3、飲み物を早く冷やす*4といった生活シーンの中で便利に使えます。

※1 出荷時、スポット冷蔵はオフに設定されています。オンにしたときは通常運転時に比べて消費電力量が増加します。温かい鍋(約50℃)を入れたときは、消費電力量が増加します。※2 オート急冷却は、食品の量や温度によって、センサーが食品の温度を検知できないことがあります。※3 温かい食品を保存するときは、手で持てるくらいの温度(約50℃)まで冷ましてから入れてください。※4 出荷時、サッと急冷却はオフに設定されています。オンに設定したときは通常運転時に比べて消費電力量が増加します。サッと急冷却はスポット冷蔵オン、オフにかかわらず設定できます。サッと急冷却の運転時間は約60分間です。

真空チルド

真空*5で密閉保存するから、お肉やお魚の鮮度が長持ち*6 ※当社調べ。

真空チルドルーム内を約0.8気圧にすることで酸素を減らし、食品の酸化を抑えて、鮮度や栄養素を守ります。また、密閉構造なので、ラップなしでも食品の乾燥を抑えます。さらに、[プラチナ触媒(ルテニウム配合)]により、お肉やお魚のニオイ成分を分解して炭酸ガスを生成します。炭酸ガスが食品表面の酵素の働きを抑えて、鮮度の低下を抑制します。

※出荷時は、真空氷温(約ー1℃)に設定されています。※当社調べ。食品の種類・状態・量によって効果が異なります。※ニオイの強い食品やニオイ移りしやすい食品などは、ラップすることをおすすめします。※氷温とチルド食材を一緒に入れる時は、凍結防止のため真空チルド設定(約+1℃)にしてください。

イメージ図

新鮮スリープ野菜室

眠らせるように保存するから、みずみずしさが7日間長持ち*7※当社調べ。

[プラチナ触媒(ルテニウム配合)]がエチレンガスやニオイ成分を分解し、炭酸ガス濃度を高めることで野菜の気孔が閉じて呼吸活動が低下。眠らせるように保存し、栄養素の減少を抑えます*8。また、野菜室上面を覆う[うるおいカバー]により、野菜から出る水分を閉じ込めて乾燥を抑え、[うるおいユニット]で余分な水分をケース外に放出し、適度な水分量を維持して結露を抑えます。

プラチナ触媒 (ルテニウム配合)イメージ図
ホウレンソウの比較(7日間保存後)*7
ホウレンソウの比較(7日間保存後)

※当社調べ。7日間保存後の水分残存率で見ています。食品の種類・状態・量によって効果が異なります。

NEW 2018年度モデル 真空チルド 日立冷蔵庫 R-XG56J / R-XG51J R-XG48J / R-XG43J

大容量冷蔵庫「真空チルド」Sシリーズも登場

NEW 2018年度モデル 真空チルド 日立冷蔵庫 R-S50J / R-S40J

※シリーズによって搭載されている機能は異なります。

*1
当社調べ。スポット冷蔵オン、オフで5日後の生菌数(単位:CFU/g)を比較。ゆでたホウレンソウは、初期値1×105に対して、オン時は1.2×105、オフ時は1.4× 105。食品の種類・状態・量によって効果が異なります。
*2
当社調べ。50℃のごはん150gをアルミの弁当箱に入れてふたを閉め、ごはんの温度が30℃に到達する時間を比較。「サッと急冷却」オン時約13分、オフ時約24分、室温(20℃)放置時約50分。食品の種類・状態・量によって効果が異なります。
*3
当社調べ。炒めた50℃のたまねぎ100gをアルミトレーに置いてラップをし、たまねぎの温度が25℃に到達する時間を比較。「サッと急冷却」オン時約17分、オフ時約22分、室温(20℃)放置時約54分。食品の種類・状態・量によって効果が異なります。
*4
当社調べ。350mlのアルミ缶2本を入れて、常温(20℃)から8℃に到達する時間を比較。「サッと急冷却」オン時約54分、オフ時約146分。食品の種類・状態・量によって効果が異なります。
*5
ここでは真空とは大気圧よりも圧力が低い状態を指します。真空チルドルーム内は約0.8気圧で大気圧よりも低いので、当社では真空と呼んでいます。
*6
当社調べ。生食用の魚3日間保存後のK値、加熱調理用の肉・魚7日間保存後のK値や栄養素の残存率で見ています。新製品R-XG56Jの「真空チルドルーム」において「真空氷温」モード設定で保存した場合。生食用の魚(マグロ)の3日間保存後のK値は13.3%(初期値6.0%、冷蔵室保存19.5%)。加熱調理用の肉(鶏モモ肉)の7日間保存後のK値は40.4%(初期値35.7%、冷蔵室保存47.0%)。加熱用の魚(イワシ)の7日間保存後の栄養素(EPA)の残存率は約94.4%(冷蔵室保存83.3%)。食品の種類・状態・量によって効果は異なります。賞味・消費期限を延ばす効果はなく、表記の保存期間を保証するものではありません。K値とは生鮮度を表す指標の一つで値が低いほど鮮度が良いことを示します。一般に60%以上では食用に適さないとされており、20%以上では生で食べるのに適さないとされています。
*7
当社調べ。新商品R-XG56J「新鮮スリープ野菜室」と当社従来商品R-G6700D(2013 年度モデル:「新鮮スリープ野菜室」未搭載)との比較。室温20℃、R-XG56J「新鮮スリープ野菜室」に収納可能な量の野菜をラップなし、ドア開閉なしで7日間保存。R-G6700Dにも容積比で同程度の野菜を収納。上段・下段・たて収納のそれぞれのスペースで、野菜の種類・状態・量によって効果が異なります。
*8
当社調べ。7日間保存後のビタミンCの残存率で見ています。新商品R-XG56J「新鮮スリープ野菜室」と当社従来商品R-G6700D(2013年度モデル:「新鮮スリープ野菜室」未搭載)との比較。小松菜のビタミンCの残存率は、新商品R-XG56Jで約77.1%、当社従来商品R-G6700Dで約67.5%。