ページの本文へ

Hitachi

冷蔵庫

デリシャス冷凍(冷凍室1段目)

置くだけで、すばやくおいしく
ホームフリージング。
[デリシャス冷凍]

※当社調べ。

上段はホームフリージング。下段は食品のストックに。

肉・魚のうまみ成分の流出を抑えます。

すばやく冷凍することで氷結晶の成長を抑えて、解凍時のドリップの流出を少なくします。

牛肉解凍時 ドリップ(10日間保存後)

ドリップ量 0.56g/100g

通常冷凍
R-KX57N 冷凍室
(2段目)

ドリップ量 0.28g/100g

デリシャス冷凍
R-KX57N 冷凍室
(1段目)

野菜のビタミンCの減少を抑えます。

ブロッコリーのビタミンC(10日間保存後)

※1 R-KX57N 冷凍室(下段ケース)

※当社調べ。牛肉は10日間冷凍保存、室温約20℃で3時間解凍後の比較。ブロッコリーはゆでた後、10日間冷凍保存後の比較。食材の種類・鮮度・包装状態・解凍方法などによって効果は異なります。

上下2段で使いやすい。
日立の鮮度技術[デリシャス冷凍]
おいしい理由は、アルミトレイですばやく冷凍するから。

アルミが食品の熱を奪って、すばやく凍らせます。水分が凍る最大氷結晶生成帯をすばやく通過することで、氷結晶の成長を抑え、食品の細胞の破壊を抑えます。

イメージ図
専用のセンサーで、自動で運転を切り替えます。

温かいごはんなどを入れたときは、専用の温度センサーが食品の温度を検知し、自動で運転を切り替え、すばやく冷凍します。

※2 当社調べ。室温約20℃、牛肉150g3枚を冷凍した場合。最大氷結晶生成帯(-1℃から-5℃)を通過する時間:R-KX57N デリシャス冷凍約104分、R-KX57N 冷凍室(下段ケース)通常冷凍約208分。食材の種類・状態・量によって効果が異なります。

製氷室
きれいな氷を
たっぷりストックできます。

[ダイレクト給水式 自動製氷]

給水タンクから製氷皿に直接給水するので、パイプに水が残りにくく、水アカ・ぬめりの発生を抑えます。製氷おそうじ機能があるため、ポンプやパイプのお手入れは不要です。

イメージ図

製氷停止

長期間の不在など、製氷が必要ないときに。

製氷おそうじ

はじめてお使いのときなどに。製氷皿や給水経路のホコリを洗い流します。

ミネラル
ウォーターも
使えます。※4

[給水お知らせサイン]

給水タンクの水が少なくなると、
冷蔵室ドア前面でお知らせします。

給水

〈衛生的にお使いいただくために〉
塩素消毒された飲用に適した水道水のご使用をおすすめします。給水タンクや浄水フィルターは週に1回以上は水洗いしてください。ミネラルウォーター、湯冷まし、水質基準を満足する井戸水など塩素を除いた水は、水道水に比べ水アカやカビ等が発生しやすいので、よりこまめに水洗いしてください。上記のような掃除を行わない場合、水アカやカビ等が発生するおそれがあります。

※製氷皿や水の通り道を水洗いする製氷おそうじ機能があるため、製氷皿は取り外しができません。 ※3 上段ぴったりセレクト室:冷凍、下段ぴったりセレクト室:冷蔵設定時。室温30℃、ドア開閉なしでの1回(12個)の製氷時間。製氷能力はドア開閉状況や室温などで変わります。1日に1回(約7時間)急速製氷した場合、通常製氷時に比べて消費電力量は増加します。当社試験条件による。7時間経過した後は、自動で通常製氷に移行します。 ※4 硬度100mg/L以下のものをご使用ください。ミネラルウォーターを使用すると氷に白い浮遊物が混じることがありますが、これはミネラル分が氷に含まれたもので飲用しても影響はありません。

○ このページは、R-KX57N・KX50Nの特長を紹介しています。

○ R-KX57Nで説明しています。

○ 食材の試験写真および試験機関についての記載がない各種試験データは当社試験によります。