Hitachi

録画に関するご注意

  • テレビ本体にハードディスクは内蔵していません。テレビ単体での録画はできません。
  • 録画をする場合には、USBハードディスク(別売)が必要となります。カセットHDDには対応しておりません。
  • 録画モードはTSモード(等倍)のみになります。
  • USBハブを使用することはできません。
  • 2TBより容量の大きいUSBハードディスクの場合でも、最大2TBまでしか録画することができません。
  • USBハードディスクに録画した番組は、録画したWoooでしか再生できません。
  • USBハードディスクはACアダプターをご使用にならない場合、電力が不足し正常に動作しないことがあります。正常に動作しない場合は専用のACアダプターをご使用ください。
  • USBハードディスクは非常に精密な機器です。使用する環境や取扱いによりUSBハードディスクの動作および寿命に影響を与える場合があります。
  • 動作中にテレビ本体の電源を切ったり、USB ケーブルを抜いたり、USBハードディスクの電源を切らないでください。
  • 振動(スピーカーの音量による振動含む)や衝撃、静電気を与えたり、移動させたりしないでください。振動や衝撃、静電気によって、USBハードディスクが正常に動作しない場合があります。
  • 本体前面の受像ランプが緑色に点灯している間、USBハードディスクは高速で回転しています。起動時や回転中に発生する音や振動は故障ではありません。
  • データ読み取りの状態により、再生画面にまれにノイズが発生することがありますが、これは故障ではありません。
  • 修理等で本機内部の主要部品を交換したり、テレビ本体を交換した場合、USBハードディスクに録画した番組は再生できなくなります。
  • 記録中や再生中に停電等で電源が供給されなくなった場合、USBハードディスクの録画内容が損なわれる可能性があります。
  • パソコンで使用していたUSBハードディスクを本機に接続して登録すると、USBハードディスクに保存していたデータはすべて消去されます。
  • USBハードディスクを交換する場合、USBハードディスクの録画内容を新しいUSBハードディスクに移すことはできません。
  • USBハードディスクの故障時は、USBハードディスクの保証書をご覧いただき、保証書に記載のお問い合せ先にお問い合せください。
  • 万一何らかの不具合により、録画や再生ができなかった場合の内容( データ) の補償や損失、直接・間接の損害について、当社は一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

※ あなたが録画・録音したものは、個人として楽しむなどのほかは、著作権上、権利者に無断で使用できません。