ページの本文へ

Hitachi

GP1シリーズ こだわりの高画質と、ダブル長時間録画、自動録画など
便利な録画機能を採用した、できる録画テレビ。

高画質・高音質 メリハリのある美しさと、立体感あふれるきめ細やかさ。こだわりの高画質を楽しもう!!

  • GP1シリーズ TOP
  • 高画質・高音質
  • 録画
  • 見る
  • 使いやすさ・便利
  • ネットワーク・Wooonet
  • 節電
  • 仕様一覧

豊かな色彩、高いコントラスト、細部までクリアに表現。

高画質画像処理技術 PICTURE MASTER 3

ダイナミックエリアコントラストマネージメントNEW

「明るいところは明るく、暗いところは暗く」――バックライトの発光をエリアでコントロールして緻密なコントラスト表現を実現。さらに、これまで培ってきた画質処理ノウハウ、映像情報をより細かく分析する信号処理技術で、さらに高コントラスト化。白つぶれ、黒つぶれが少ない画質を実現しました。

ダイナミックエリアコントラストマネージメントの概要

3次元デジタルカラーマネージメント2

映像シーンのなかに存在する色情報を分析し的確な色再現を行うことで、
いっそう鮮明で豊かな色彩表現を可能にします。

3次元デジタルカラーマネージメント2 処理前と処理後

アドバンスド3次元ノイズリダクション

映像シーンごとに多段階のノイズ低減処理を行う「3次元ノイズリデューサー回路」により、ぼやけの少ないクリアな映像を表現します。

アドバンスドダイナミックエンハンサ

映像シーンに応じて鮮鋭感をコントロール。2種類の輪郭補正回路により、
被写体の凹凸や奥行き感、さらに文字情報もクッキリ表示。
立体感あふれる映像を、よりキレのある画質で楽しめます。

アドバンスドダイナミックエンハンサ 処理前と処理後

カラーリミッター

いままで表現しきれなかった色のディテール部分に着目し、
飽和を抑えながら色の階調を豊かに表現します。

カラーリミッター 処理前と処理後

ダイナミックバックライトコントロール

映像シーンの輝度情報を細かく分析し、バックライトの明るさをコントロール。メリハリの効いた鮮明な映像を楽しめます。

立体感あふれる、きめ細やかな高画質。

超解像技術 Pixel Manager

超解像技術「ピクセルマネージャーSG」

入力される映像の解像度を分析して、最適な高解像度化を行い、
きめ細やかでクリアな映像表現を実現します。

超解像技術「ピクセルマネージャーSG」 処理前と処理後

最適な画質に自動調整※。

インテリジェントオート高画質3

最適画質処理技術「インテリジェント・オート高画質3」(センサーオート/センサーオートe)

内蔵の「インテリジェント・センサー」が、部屋の明るさや照明の種類などの視聴環境をはじめ、映像の明るさや番組ジャンルまでをも検知。
その時々に応じた最適な画質に自動で調整します。

視聴環境や映像の種類を自動で検知

※部屋の明るさ、照明の種類、番組のシーン、ジャンル(デジタル放送)に合わせて自動制御。

映像本来の美しさを再現する、優れた描写力。

光沢液晶パネル

光沢化フィルムにより、コントラストが高く黒色が締まった映像を再現。クッキリ美しい映像を楽しめます。

光沢液晶パネル 従来と比較すると艶やかさが増してクッキリと美しい

広視野角178度

IPS方式の液晶パネルは、広視野角。上下左右から見ても、明るく美しい映像を表示します。

IPS

※JEITA規格準拠

広視野角178度 IPS方式

バックライトスキャニング

バックライトを上下方向に点滅し、擬似的な黒を表示させ、残像感を軽減させることで動きのある映像でもクッキリ表示します。

バックライトスキャニングOFFとON

バックライトスキャニングイメージ

なめらかシネマ

1秒間に24コマで製作される映画フィルムの映像は、コマ繰り返しにより60コマのテレビ信号に変換されています。これを日立独自の動き補間アルゴリズムで映像をつくり出して、なめらかで美しい映像を再現します。

なめらかシネマ概要

シネマスキャン

毎秒24コマで再生する映画の均等なコマ間隔を再現することで、フィルム映画独特のテイストを楽しめます。

明るくクリアな3D映像描写。

チラつきやブレが少ないクリア3D(偏光方式3D)採用

明るくクリアな3D映像が楽しめます。また、2D映像を擬似的に3Dに
変換する「3D変換機能」も搭載。

3D対応

*3D変換機能は3D専用に制作された映像と同等の効果はありません。

チラつきやブレが少ないクリア3D(偏光方式3D)概要

【3D映像視聴に関するご注意】
*3D映像を視聴するには、3D放送もしくは3Dに対応したコンテンツ(ソフト)と3Dに対応した機器(再生機)が必要になります。
*3D映像の見え方には、個人差があります。また、個人差により、体調不良が引き起こされる可能性があります。
*体調が優れないときは3D視聴をお控えください。また、視聴中に体調の変化を感じた場合は、すぐに視聴を中止してください。
*3D映像の視聴年齢については、およそ5〜6歳以上を目安にしてください。また、保護者の方がお子様の目の疲れがないかご注意ください。

Woooをさらに魅力的にする高音質技術。

原音に近い、自然で豊かな音声を実現した音声技術「CONEQ™」

CONEQ

CONEQ™は、コンテンツにかかわらず最適な音声を出力するよう、設計段階で音声を面として捉え、約400点にわたるデータから最適化を図ります。その結果、原音に近い、自然で豊かな音声表現が可能となりました。また、部屋のどこで聞いても、違和感のない音声を実現します。

*CONEQTMはレコーディングや放送局のスタジオなど、プロフェッショナルからの高い評価を受けています。

原音に近い、自然で豊かな音声を実現した音声技術「CONEQTM」概要

音域を調整し、音声を聞き取りやすくする「聴覚補助モード」

CONEQ HA MODE

年齢とともに変化する人の聴力に対応するために高域を補正し、音声を聞き取りやすくする聴覚補助モードを搭載。聴力の変化により高域の聞こえが悪くなった場合でも、音量を上げなくても聞きやすいように音域を調整します。

*このモードは、RealSound社のCONEQ HA Mode技術により実現しています。