ページの本文へ

Hitachi

GP1シリーズ こだわりの高画質と、ダブル長時間録画、自動録画など
便利な録画機能を採用した、できる録画テレビ。

見る 見たい番組がすぐに見つかる

  • GP1シリーズ TOP
  • 高画質・高音質
  • 録画
  • 見る
  • 使いやすさ・便利
  • ネットワーク・Wooonet
  • 節電
  • 仕様一覧

録画した番組がすぐ見つかる。「見る一覧」

見る画面「番組名別表示」

内蔵HDDやカセットHDD「iVDR-S(別売)」に録画した
番組をサムネイル付きの一覧で表示できるので、
見たい番組をかんたんに探し出せます。

見たいシーンをすばやく表示。 「いいとこジャンプ」

録画した番組に自動でチャプター(区切り)を設定。番組本編のはじまりなどをかんたんに探し出すことができます。
(デジタル放送にのみ対応)

盛り上がりのシーンをすばやくサーチ

シーン検索 録画した音楽番組の楽曲の頭出しやスポーツ中継の盛り上がりの
シーンなど、番組の見どころに合わせたチャプターを自動で設定
番組中の見どころをすばやく表示することができます。

※ 番組によっては正しく設定されない場合があります。

録画中の番組を、最初から見られる。 「追いかけ再生」

録画しながら番組の最初から見られる

録画中の番組を録画が終了するまで待つことなく、
最初から見ることができます。

2番組を同時に表示できる。「2画面表示」

2画面表示

ダブルデジタルチューナー搭載なので、別番組を2画面で表示することができます。
また、視聴中の番組のほか、録画した番組やインターネット画面の2画面表示も可能です。
* 録画中やダビング中、またはネット画面同士の2画面表示はできません。 * 2画面表示中の音声は選択した一方のみとなります。

2画面組み合せ 右画面
地上デジタル BS・110度
CSデジタル
外部入力
左画面 地上デジタル
BS・110度CSデジタル
外部入力 ×

録画しながら、録画してある番組を見られる。 「同時録画再生」

録画しながら、録画済みの番組を再生できます。
たとえば、連続ドラマの今週放送分を録画しながら、先週放送分を見る、といったこともできます。

時間指定で見たいシーンをかんたん再生。「タイムナビ」

録画した番組の見たいシーンの時間を分単位で指定するだけで、すぐにそこから再生することができます。

写真や映像を大画面で楽しめる「SDメモリーカード再生」

SDメモリーカード(市販品)

SD/SDHCメモリーカード(別売)に記録した動画※1や静止画※2をテレビで再生できます。
スライドショーの設定もできるので、フォトフレームのような楽しみ方も可能です。

* 市販のUSB接続タイプのSDメモリーカードリーダーを、本体USB端子につなげて、ご使用ください。
すべてのSDメモリーカードとSDメモリーカードリーダーの組み合わせには対応していません。
microSDメモリーカードをご利用の場合は、SDメモリーカード変換アダプターに装着してご使用ください。
* マルチメディアカードは使用できません。
* 記録されている容量によっては記録されている画像をすべてご覧になれない場合があります。
* SDメモリーカードによっては、本機で動作しない場合があります。
* 本機は2GBまでのSDメモリーカードおよび32GBまでのSDHCメモリーカードの動作を確認しています。

※1 デジタルハイビジョンビデオカメラで撮影したAVCHD規格準拠(音声フォーマット : ドルビーデジタル形式)の動画を再生できます。SDスピードクラスは、4以上が必要になります。ただし、ビデオカメラや撮影モードによっては、クラス6が必要になる場合があります。(すべてのビデオカメラとの組み合せを保証するものではありません)

※2 SD/SDHCメモリーカードで表示できる画像データは、DCF規格に準拠したJPEG方式の静止画、999個までです。最大約1,200万画素までの写真データの表示を確認していますが、12MBを超えるファイルサイズの写真データは表示できない場合があります。パソコンなどで編集した画像データや画像データの種類によっては表示されないことがあります。microSDメモリーカードをご利用の場合は、SDメモリーカード変換アダプターに装着してご使用ください。