ページの本文へ

Hitachi

「自動フィルター掃除」とは、冷房や暖房運転など停止後に、エアフィルターを自動的に掃除する機能です。


そのため、日常的にフィルター掃除をする必要はありませんが、エアフィルターの汚れを確認したり、エアフィルター以外の定期的なお手入れは必要です。
各部品の取りはずしかたは機種により異なるため、取扱説明書の「お手入れ」の項目をご覧ください。

air_post-23_001.png
クリックで拡大

※ 画像は、「自動フィルター掃除」機能搭載モデルの一例です。

  1. エアフィルター(上面、前面)
  2. ホコリキャッチャー、ダストボックス(上面、前面(ダストボックスつき))
  3. フィルター掃除ユニット(ワイパーカバー、ワイパー)
  4. エアコン内部


エアフィルター(上面、前面)

上面エアフィルターの例
air_post-23_002.png

定期的に汚れを確認してください。
汚れが気になる場合は、エアフィルターを取りはずしてほこりや汚れを取り除いてください。

エアフィルターの取りはずし、取りつけ方法


エアフィルターのお手入れ方法


ホコリキャッチャー、ダストボックス(上面、前面(ダストボックスつき))

air_oteirehoko1.JPG
air_oteirehoko2.JPG

1年に1回程度を目安にお手入れをしてください。
ホコリキャッチャーには上面用と、前面用(ダストボックスつき)があります。

ホコリキャッチャーの取りはずし、取りつけ方法


ホコリキャッチャーのお手入れ方法
「自動フィルター掃除」機能で集められたホコリは、ホコリキャッチャーから、ダストボックスに入ります。
前面用ホコリキャッチャーのダストボックスにゴミがたまっていたら捨ててください。
air_post-23_03.png

ホコリキャッチャーのホコリは掃除機などで取り除いた後、水洗いしてください。
汚れがひどいときは中性洗剤で洗い、よくすすいでから室内で陰干しし十分乾かしてください。
air_post-23_04.png



フィルター掃除ユニット(ワイパーカバー、ワイパー)

定期的に汚れを確認してください。
汚れが気になる場合は、ワイパーカバーやワイパーのお手入れをしてください。
air_oteire1uni.JPG

フィルター掃除ユニットのお手入れ方法
以下のページでワイパーの取りはずし、取りつけ方法もご確認いただけます。


エアコン内部

ファンや熱交換器の周辺は、ステンレス素材のため汚れにくくなっていますが、においや汚れを完全に防ぐものではありません。年数経過と共に定着し、においや運転効率低下の原因になることがあります。
お手入れをしてもにおいが気になる場合や、本体内部の汚れが気になる場合は、以下をお試しください。

  1. 凍結洗浄をおこないます(搭載機種のみ)
    凍結洗浄とは、エアコン内部の熱交換器を凍らせて霜をつけ、たくわえた霜を一気に溶かして汚れを洗い流す機能です。詳しくは以下のページをご覧ください。

  2. エアコンクリーニング(内部洗浄)を依頼します
    エアコンクリーニング(内部洗浄)を高い専門知識を有する業者や日立の専用窓口にご相談ください。詳しくは、以下のページをご覧ください。




今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。