ページの本文へ

Hitachi

ダストボックスの取り外し、取り付けの方法については、以下を参考にしてください。
部品の取り外し、取り付けについては、機種によって異なります。詳しくはお使いの機種の取扱説明書をご確認ください。

[参考:2018年度Xシリーズの場合]
ダストボックスは、前面用ホコリキャッチャーと一体になっています。
n3rac2-1.PNG

作業前は、運転を停止して電源プラグを抜き、フロントパネルを取り外しておいてください。

[ダストボックスの取り外し]
n3rac2-2.PNG

前面用ホコリキャッチャー(ダストボックス付)の下部を支点にして、上部を手前に倒して本体から外します。

[ダストボックスの取り付け]
n3rac2-3.PNG

  1. 前面用ホコリキャッチャーをレバーのある方を上側にして、下側を差し込み、矢印方向に「カチッ」と音がするまで押し込みます。
  2. ホコリキャッチャーを取り付けたら、フロントパネルを取り付け、電源プラグを差し込みます。
    ※正しく取り付けられていないと、故障の原因となります。


今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

「お手入れのポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。