ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

故障ではありません。
洗濯物の布質、大きさ、気温、水温などの様々な条件によって運転時間が変化するため、最初に表示された残時間と実際の運転時間が異なる場合があります。
衣類をより効率よく洗濯させるには、以下をご確認ください。

  • 脱水時に洗濯物の片寄りが起きませんでしたか?
    →洗濯物の片寄りを直す運転が自動で追加されるため、運転時間が長くなります。

  • お湯取設定にしていませんか?
    →風呂水の給水状態により、運転時間が長くなる場合があります。

  • 洗濯運転の途中で、洗濯物を追加していませんか?
    →途中で洗濯物を追加すると、最初に測った洗濯物の重さより重くなるので、運転時間が長くなる場合があります。

  • [自動おそうじ搭載機種]「自動おそうじ」が設定されていませんか?
    →洗濯/脱水槽を洗う運転をするため、脱水時間が長くなります。

  • 洗剤を入れすぎていませんか?
    →洗剤を入れすぎると泡が大量に発生し、自動で泡を消す動作を行います。そのため、最大15分運転時間が長くなります。
    洗剤は表示に従って適量を入れてください。

  • [温水ミスト搭載機種]「温水ミスト」「温め自動」を設定し作動している場合、通常運転より運転時間が長くなります。

  • [ナイアガラすすぎ搭載機種]ナイアガラすすぎを設定すると運転時間が20~30分程長くなります。

  • [洗剤・汚れセンサーシステム搭載機種]汚れが多い時は洗い工程の時間が3~10分程長くなります。

  • 給水する水温が低くありませんか?
    水温が13℃以下の場合は、自動で洗濯時間が長くなることがあります。

「故障かな?」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。