ページの本文へ

Hitachi

様々な条件や機能によって、洗濯時間が変化します。


【運転中の補正動作による時間延長】
以下の場合は、運転中に補正をおこなうため、はじめの表示時間より洗濯時間が長くなります。

  • 洗剤量が多い
    洗剤量が多い場合、泡が大量に発生し、自動的に泡を消す動作をおこないます。そのため、最大15分運転時間が長くなるため、洗剤は表示に従って適量を入れてください。
    投入量の見直しと蓄積カス除去のため、槽洗浄をおすすめします。

  • 脱水時の片寄り
    脱水時の片寄りを検知すると注水すすぎに戻り、バランス調整をおこないます。
    洗濯ネット使用時は複数に小分けする、洗濯物量の調整などをおためしください。

  • 給水口、排水口の詰まり
    給水口や排水口にゴミが詰まると給排水の時間が延びてしまいます。
    給水口や排水口をご確認いただき、お手入れをおこなってください。


【機能による時間延長】
以下の機能の場合、運転時間が長くなります。
※機種により搭載していない機能があります

  • お湯取運転
  • 温水ミスト
  • ナイアガラすすぎ
  • 注水すすぎ
  • 自動おそうじ
  • ほぐし脱水
    洗濯物の量によって機能が追加され、運転時間が長くなる場合があります。
  • AIお洗濯、汚れすっきりセンサー
    汚れを検知すると自動で「洗い」 時間を延長します。

上記に該当がない場合は、洗濯機内部に何らかの不具合が起きている可能性があります。 お買い上げの販売店または修理相談窓口に点検のご相談をしてください。

今後のサポート情報改善のため、アンケートへのご協力をお願いします。
この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。下記の窓口へお問い合わせください。