ページの本文へ

Hitachi

洗濯機・衣類乾燥機

日立ならではの技術

さまざまな技術で省エネ&節水
省エネ技術
  • 高速風と低発熱量のヒーターで乾燥する[風アイロン]
  • 衣類を大きく舞い上げながら効率よく乾燥する大容積の[ビッグドラム]
  • 運転時に発生する熱を乾燥時に再利用する[ヒートリサイクル乾燥]
イメージ図
  • ①エコフラップで空気の熱をリサイクル

    メインモーターやヒーターによって温められた空気の熱を、乾燥風路の途中に設けたエコフラップ(開閉式吸気口)を開けて取り込み、乾燥時の温風に再利用。

  • ②ジェットファンモーターの熱をリサイクル

    ヒーターの熱に加え、高速風を発生させるジェットファンの圧縮熱、ジェットファンモーターの熱を乾燥時の温風に利用。

  • ③メインモーターの熱をリサイクル

    メインモーターから発生する熱をドラム内に伝導させ、温度を上昇させる。

節水技術
  • 少ない水で洗う[強力循環ポンプ]
  • 遠心力を使って洗剤を効果的に取り除く[回転スプレーすすぎ]
大容量でも低振動を実現
イメージ図
  • ①4重流体バランサー

    ドラム回転時の振動振幅を低減。

  • ②3D加速度センサー

    前後・左右・上下の複雑な振動を検知し、ドラム回転数を調整して振動を抑える。

  • ③摩擦ダンパー

    洗濯槽背面の振動を抑える。

  • ④オイルダンパー

    洗濯槽上下の振動と床に伝わる衝撃を抑える。

  • ⑤高減衰ラバー

    床に伝わる衝撃を抑える。

〇このページは、BD-SX110Eの特長を紹介しています。

〇画面上の商品の色は、実際の色とは異なる場合があります。

衣類の量や種類、片寄り、室温、据付状態等により、使用水量・消費電力量・運転時間が増減します。