ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品IHクッキングヒーター

特長:ラク旨グリル&オーブン

グリル調理もオーブン調理も「ラク旨グリル」(波皿)「ラク旨オーブン」(平皿)でおいしく専用フタを使うと広がるレパートリー

おすすめレシピ

ピルオープンで取り出しやすい

食材をすばやく焼き上げるので外はパリッ、中はジューシーに。

焼き物調理

加熱時に出る遠赤外線・近赤外線の割合が約8:2*2と炭火に近い直火のシーズヒーターとプレート加熱で、こんがりジューシーに焼き上げます。

過熱水蒸気調理

余分な脂・塩分を落としてヘルシーに調理。揚げ物をサクッと温め直せて便利な「揚げ物温め」もあります。

※鶏のハーブ焼き(約250g)の脱脂効果 約11.3%。脱脂量の目安:過熱水蒸気あり 約9.8g、なし 約5.8g 食材から落ちた脂の量を比較。(日立調べ)

ノンフライ調理

食材に油を使わずに炒ったパン粉、天かす(揚げ玉)を付けて、油を使わずヘルシーに焼き上げられます。

焼き蒸し調理(専用フタ使用)

少量の水を入れ、焼きながら蒸し上げます。
焼き加減がむずかしいギョウザやロールキャベツも簡単にできます。

庫内を設定温度にキープして加熱し、食材の中までじっくり火を通します。

焼き物調理

ご家庭では中心まで火を通すのがむずかしいローストビーフも簡単に。おまかせでやわらかくジューシーに仕上がります。

パン・菓子調理(専用フタ使用)

総菜パンも約0.5斤、1斤、1.5斤と大きさを選んでオートでふんわり。フタをして発酵から焼き上げまで約60分です。

手動調理(温度設定80℃〜280℃)

設定温度を選べる手動調理なら、焼きメレンゲなどのスイーツからパエリアなどの本格調理まで、ご家庭で簡単に楽しめます。

快速グリルもオーブンも「快速」コース注1を選択すると時短・節電

グリルもオーブンも「快速」コース注1を選択すると時短・節電

注1「快速」コースは「魚丸焼き」「肉類・野菜」「ロースト肉」「グラタン」「ピザ」「トースト」メニューで設定できます。注2 HT-K300XTWF(W)を使って、「快速」コースを選択したときと、選択しないときでの調理時間と消費電力量を比較。調理には製品に付属の「ラク旨グリル」「ラク旨オーブン」を使用。当社で測定。食材の種類や量により効果には違いがあります。「快速」コースを選択したとき(上下ヒーター同時加熱)と選択しないとき(上下ヒーター交互加熱)では仕上がりが異なります。「快速」コースを選択したときは、選択しないときに比べ総消費電力を超えないように、上面IHヒーターの火力制限がかかりやすくなります。

*1
付属の「クッキングガイド」に掲載されているレシピの数です。
*2
表面温度約600℃のときに炭火、シーズヒーターから出る単位面積あたりの遠赤外線と近赤外線の割合。炭火:遠赤外線約80%、近赤外線約20%、シーズヒーター:遠赤外線約81%、近赤外線約19%。実測データをもとにした計算値(日立調べ)
K300T・K200T・K100Tシリーズの特長を紹介しています。説明用の写真はHT-K300XTWF(W)。
「ラク旨グリル&オーブン」は庫内専用です。
複数のヒーターやオーブンを同時に使う場合は、総消費電力が5.8kW(設置時に4.8kWに切り替えた場合は4.8kW、「節電モード」で総消費電力を5.8kWから4.8kWまたは4.0kWに切り替えた場合は、設定した総消費電力)を超えないように自動的に火力を制限します。「ピピピッ」と鳴って火力が上げられない場合やキーを押してもスタートできない場合は他のヒーターの火力を下げてから再操作してください。
説明用に「表示部」を点灯させています。
実際の調理を想定したイメージ写真を使っています。
医療用ペースメーカーをお使いの方は、専門医師とよくご相談の上、お使いください。