ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品照明器具

特長:ラク見え

LEDシーリング 特長:ラク見え

日立独自

より太陽光に近い自然なあかりで文字が見やすく色鮮やか


ラク見え明るさ全灯の1.2倍 [ラク見え]LEDで青緑色の光をプラス すっきり見やすい色温度5,800K
ラク見えLED

[ラク見え]ボタンを押すと、昼光色と電球色のLEDが全灯の1.2倍に明るさアップするとともに、[ラク見え]LEDが点灯して青緑色の光をプラス。さらに明るく、より太陽光に近い自然なあかりを実現します。すっきりとした光色でコントラスト感がアップするので、細かい文字がくっきり読みやすく、写真などの色はより鮮やかに見えます。

※ [ラク見え]使用時は、全灯(定格)より電力が上がります。

結論!小さな文字はくっきり読みやすく、写真の色はより鮮やかに

心理実験を行い[ラク見え]による文字の読みやすさと色の鮮やかさ感を検証しました

大塚 作一

鹿児島大学大学院
理工学研究科
大塚 作一教授
工学博士

[ラク見え]は、明るさのみならず、光の成分をより均一になるようにコントロールすることで、
質的にも自然に近づけたあかりです。

実験で実証![ラク見え]を使用した方の多くが文字の読みやすさや色の鮮やかさ感を実感

こんなとき[ラク見え]がおすすめ

  • 勉強などで細かい文字を読むとき 勉強などで細かい文字を読むとき
  • 手芸や絵画など色彩を使うとき 手芸や絵画など色彩を使うとき

■[ラク見え]使用時の電力

[ラク見え]使用時の電力
加齢による見え方の変化にお困りの方に

一般的に人間の眼は加齢に伴い、青色が見づらくなり、さらに明るさの変化にも順応しづらくなるので、より多くの光を必要とするようになると言われています。[ラク見え]は青緑色の光成分を加えたあかりなので、青色の識別性が向上。さらに明るさもアップするので、加齢による見え方の変化にお困りの方にもおすすめのあかりです。

※病気やケガ、加齢などにより低下した視力を回復する機能ではありません。

照明の用語と単位
色温度:K(ケルビン)
光の色を表す単位。数値が低くなるほど赤みがかった光色に、数値が高くなるほど青みがかった光色になります。
平均演色評価数:Ra(アールエー)
照明によって照らされた物の色の見え方を表す単位。数値が高くなるほど色の見え方が良くなります。
光束:lm(ルーメン)
光源から出る光の量を表す単位。数値が高くなるほどより明るい光源(器具)になります。
LEC-AHS1410EHの特長を紹介しています。
写真・図はイメージです。