ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品冷蔵庫

特長:デリシャス冷凍

このページは、2016年度商品R-XG6700Gで説明しています。2016年度商品WXシリーズは同等機能です。

大型アルミトレイで、たっぷり、すばやく、おいしく冷凍。日立はエコにデリシャス冷凍をたし算

見やすく、取り出しやすい、約2.3倍注1の大型アルミトレイ

深さ約5cmの浅くて広い構造で、食品を重ねずにたくさん置けます。重ねないから食品が一目で見やすく、出し入れしやすくなりました。

面積約2.3倍
注1
前年度商品R-X6700F 急冷凍用アルミトレイ平面部面積914cm2とR-XG6700G 大型アルミトレイ平面部面積2,149cm2との比較。

大型アルミトレイですばやく冷凍、だからおいしい

アルミが食品の熱を奪って、すばやく凍らせます。水分が凍る最大氷結晶生成帯をすばやく通過することで、氷結晶の成長を抑え、食品の細胞の破壊を抑えます。

※当社調べ。周囲温度20℃、牛肉150g3枚を冷凍した場合。最大氷結晶生成帯(−1℃から−5℃)を通過する時間:新商品デリシャス冷凍80分、前年度商品通常冷凍171分。

特長はやわかりムービー特長はやわかりムービー

デリシャス冷凍(プレミアムXGシリーズ)(1分50秒)

温度センサーで温度を検知し、自動で運転を切り替え

温かいごはんなどを入れた時は、専用の温度センサーが食品の温度を検知し、自動で運転を切り替え、すばやく冷凍します。

※出荷時は、デリシャス冷凍モードに設定されています。デリシャス冷凍モードをオフにすると、負荷量が多い場合等に、消費電力量が約1.5%程度軽減できます。低減率は、負荷量や周囲温度等により異なります。

冷凍豆知識すばやく凍らせることのメリットは?

肉などを通常冷凍すると、細胞内の水分が大きな氷の粒になって細胞壁を壊し、解凍時に多量のドリップを流出させてしまいます。これが食品の味を落としてしまう主な原因です。細胞内の氷は−1℃〜−5℃の温度帯を通過する間に最も結晶化が進むので、この温度帯をすばやく通過することで氷の粒を小さくし、細胞壁へのダメージを最小限に抑え、おいしさを守ります。

実証!肉・魚の旨み成分の流出を抑える

すばやく冷凍することで氷結晶を小さくしてドリップの流出を抑えます。

■牛肉解凍時 ドリップ比較(10日間保存後)

通常冷凍
デリシャス冷凍

野菜の栄養素の減少を抑える

■ブロッコリーのビタミンC
(10日間保存後)

ごはんのおいしさも守る

冷凍前の質の破壊を抑えて解凍できます。

■ごはんの再現度(10日間保存後)

当社調べ。牛肉は10日間冷凍保存、室温20℃で3時間解凍後の比較。ブロッコリーはゆでた後、10日間冷凍保存後の比較。ごはんは炊きたて後すぐに10日間冷凍保存、0℃で20時間解凍後の比較。ごはんの再現度とは冷凍前のごはんのα化度(デンプン質の糊化度)を100とした場合の指標です。食材の種類・鮮度・包装状態・解凍方法などによって効果は異なります。

日立のエコ[フロストリサイクル冷却]などで、消費電力量を低減。

このページは、R-XG6700Gの特長を紹介しています。
商品の色・柄は、角度や光源などによって画面上とは見え方が異なります。