ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

鍋の材質や鍋底の形状などによって、使える鍋と使えない鍋があります。財団法人製品安全協会のSG-IHまたはSG-CH・IHマークのついた鍋などをおすすめします。
なお、陶磁器(土鍋など)や直火用焼き網は、SG-IHまたはSG-CH・IHマークが付いていたりIHで使えると表示したりしているものでも使わないでください。IHクッキングヒーターが故障したり鍋が割れたりする場合があります。

※アルミ製容器やパック(うどん等が入っている簡易容器)など、鍋以外のものを使用しないでください。
※アルミ・銅鍋、間にアルミを挟んでいる多層鍋ではオールメタル加熱時最大2.6kWの火力が得られます。鍋の材質や形状、大きさによって火力が約20~30%弱くなる場合がありますので、料理の仕上がり具合を確認しながら、火力・時間を調節してください。
※底の薄い鍋(厚さ0.8mm以下)や反りがあるフライパン・鍋を強火で予熱すると赤熱する場合があります。
※底の薄い鍋(厚さ0.8mm以下)や鍋の底にステンレスを貼り付けた鍋などは、空だきや強火の加熱で鍋が反るなど変形する場合があります。念のため、鍋などのご購入時にご確認いただくとともに、火力にも十分注意してください。
※使用中に鍋から「ジー」「カチカチ」「キーン」などの音が出る場合があります。これは鍋自体の振動であり、異常ではありません。火力を下げたり、鍋の位置をずらしてください。音が止まることがあります。
※トッププレートの上にスプーンや金属製小物などの調理器具以外のものは置かない。

!ご注意ください ご使用の前に鍋やフライパンの鍋底状態を確認する
鍋底を貼り合わせた多層構造の鍋やフライパンなどで、鍋底が変色していたり、一部がはがれかけているものは使わないでください。
鍋底がはがれかけた状態で加熱すると、はがれかけた部分が異常過熱し、赤熱するおそれがあります。また、トッププレートが局所過熱し、変色・破損(ひび割れ)する原因となります。

使える鍋使えない鍋(再生時間:7分39秒)
※映像は、Hシリーズで説明しています

「使い方のポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。