ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

具や調味料が入りますので、下記の注意が必要です。


[お米の量]

  • 機種ごとの炊込みごはんが炊ける量を確認し、それ以上炊かないでください。

[水加減]

  • 水加減は水(スープ・だし汁)と調味料を良く混ぜて水位線に合わせ、調味料が底にたまらないようにしてください。
  • 水加減の後に具をお米の上にのせて炊飯し、炊き上がってから混ぜてください。(調味料や具が沈殿し、熱がうまく伝わらない原因)
  • 具の量はお米の量の3~5割が適量です。油が多い具は少なめにしてください。
     水分を吸いやすい具は、水加減前にあらかじめ水分を吸わせてください。
  • たまり醤油は少なめにしてください。(熱がうまく伝わらない原因)

[炊飯コース]

  • [炊込み]を選んでください。
  • すぐ炊飯し、予約炊飯や浸し炊飯はしないでください。
    (具の変質や調味料が沈殿してうまく炊けません)

「炊込みごはんなどのコツ」と同カテゴリの記事一覧

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。