ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

技術的に「PAM」とは「パルス振幅変調」で、電源の電圧または電流の振幅を換えて出力を制御するものです。
電子レンジの「PAM」は電波(マイクロ波)を出すマグネトロンと言う部品をこの制御で駆動する事ににより、レンジの出力を変えても効率良く制御でき、インバータよりも細やかな動作により高効率で省エネになります。
弊社の電子レンジの「PAM」はレンジ出力を1,000W~400Wまで連続出力できますが、「ワイドPAM」は1,000W~250Wまで連続出力を出 すことができます。この「ワイドPAM」により解凍も木目細かな制御で加熱できます。更にこの250Wを断続運転して約20W相当の微弱出力で「PAM発 酵」ができ、オーブン機能での発酵時間の約1/3の時間で発酵できます。

「選ぶときのポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。