ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

真空チルドルームのお手入れ方法は、下記をご参照ください。


(1)真空チルドルーム内に収納されている食品を取り除いてください。

(2)真空チルドケースを手前に引き出します。真空チルドケースの手前側を軽く持ち上げて上下に動かしながら引き出します。

(3)真空チルドケース内や真空パッキン、アルミトレイ、真空容器の内側やパッキン受け部を、やわらかい布にぬるま湯を含ませて拭いてください。

(4)お手入れ後は、真空チルドケース(ドア付)左右の凸リブを真空容器のガイドレールの下に滑らせるように入れてください。最後にハンドルを下げてロックしてください。


[真空パッキンの汚れがひどいときは]
(1)向かって右上の真空パッキンのつまみに手をかけて、丁寧にはずします。

(2)汚れた部分をやわらかいスポンジなどで水洗いし、乾いた布などで水気をふき取り、自然乾燥してください。(洗剤は使用しないでください。)

(3)真空チルドケースの真空パッキン取付溝の汚れをふき取ってください。

(4)お手入れ後は、真空パッキンのつまみを取付溝の切り欠きに合わせてしっかりと取り付けてください。

※真空パッキンが古くなったり、破損したりしたときは交換してください。部品番号などはお使いの機種により異なります。
取扱説明書でご確認の上、お近くの販売店でご購入(お取り寄せ)ください。

[真空チルドルームお手入れのポイント]

  • お手入れは、月に1回程度が目安です。
  • 真空チルドルームは、ルーム内を密閉しているために食品や空気中に含まれる水分により、ルーム内に水滴や霜がつくことがあります。水滴や霜が付いた場合は、やわらかい布にぬるま湯を含ませてふき取ってください。(水滴や霜が付いても性能に支障はありません。)
  • 真空チルドルーム内に水や食品汁をこぼした場合は、すぐにふき取ってください。
  • 真空チルドルームと真空パッキン以外は、はずさないでください。
  • ぬるま湯以外の洗剤などを使用すると部品が破損・変形・変色し、真空状態を保てなくなることがあります。
  • [真空チルドSL]ルーム内天井のガラス(光触媒とLEDライト部分)は、指で触ったり、乾いた布でこすったりしないでください。汚れがついた場合には、濡らした綿棒などでやさしく取り除いてください。

真空チルドルームのお手入れ方法をさらに詳しく知りたい場合は、お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

「お手入れのポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。