ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品IHクッキングヒーター

「ラク旨グリル」採用。HT-33AG(K)HT-32AG(K)

特長

「ラクうまグリル」を搭載した据置タイプ

グリル調理(丸焼き)

スライドレールで大きくラクに引き出せる

さんまの塩焼き

「ラク旨グリル」で手軽においしく

グリルレシピ 35種類 「ラク旨グリル」オート(30種類) 「ラク旨グリル」手動(5種類)

焼き魚(水なし)やハンバーグもこんがりジューシーに、裏返す手間なく自動で両面を焼き上げます。サクッと仕上がる「揚げ物温め」も。

※ノンフライ調理、蒸し物調理、冷凍食品温めはできません。

庫内がきれい※1、お手入れラクラク

さんま100尾調理後の比較 庫内に油が付着 従来機種 2007年 HT-330S ラク旨グリル非採用機種 「ラク旨グリル」で庫内がきれい HT-33AG ラク旨グリル採用機種

※1 食材の種類や量などにより、庫内の状態に違いがあります。

見やすく使いやすい上面操作パネル

<左右にスワイプ>

見やすく使いやすい上面操作パネル

適温調理(左右IH)

「揚げ物」(10種類)*1

煮込みメニュー(左IH)

レシピに合わせて、「弱め」「標準」「強め」の3段階から選んでじっくり煮込めるのでおいしく味がしみ込みます。

  • 弱 め
    カレー

    カレー

  • 標準
    かぼちゃの煮物

    かぼちゃの煮物

  • 強 め
    肉じゃが

    肉じゃが

※「煮込み」メニューは、調理物を煮立たせてからご使用ください。
※約45分経過すると自動的に通電を停止します。
※調理の写真はビルトインタイプHT-L300XTWF(W)で行ったものですが、機能は同一です。

焦げ付きにくい

焦げ付きにくい

「煮込み」メニューを選択して45分後
具を取り除いた鍋底の状態

火力の強弱を切り替える制御により対流が起き、食材が焦げ付きにくくなります。

※鍋の種類や煮物の種類、調理時間などによって、鍋底の状態は変わります。

麺ゆでメニュー(右IH)

お湯を沸騰させたあと、鍋に麺を入れ「麺ゆで」メニューを設定すると、自動で火力を制御し、ふきこぼれを抑制します。

麺ゆでメニュー

※「麺ゆで」メニューは、鍋容量の約70%の水量でご使用ください。
※調理の写真はビルトインタイプHT-L300XTWF(W)で行ったものですが、機能は同一です。

取り替え簡単

コンロ台はそのままで、置き替えるだけで使える据置タイプです。

イメージ図

※単相200Vの電源工事が必要となります。
HT-33AGは、小型30Aプラグを採用。極配置が異なるため従来の30Aコンセントには取り付けできません。

プラグ コンセント

水はね防止のため、バックガード(別売品)の取り付けをおすすめします。
詳しくはこちらをご覧ください。

*1
取扱説明書に掲載されているレシピの数です。
このページは、HT-33AG・32AGの特長を紹介しています。
「ラク旨グリル」は庫内専用です。
火力(W)は入力値です。
複数のIHやグリルを同時に使う場合は、総消費電力が5.8kW(設置時に4.8kWに切り替えた場合は4.8kW、HT-32AGは4.0kW)を超えないように自動的に火力を制限します。「ピピピッ」と鳴って火力が上げられない場合やキーを押してもスタートできない場合は他のヒーターの火力を下げてから再操作してください。
説明用に「表示部」を点灯させています。
実際の調理を想定したイメージ写真を使っています。
200Vマークの商品は単相200Vの電源工事が必要となります。
医療用ペースメーカーをお使いの方は、専門医師とよくご相談の上、お使いください。