ページの本文へ

Hitachi

ほうれん草のキッシュ

手動

オーブン

210℃

加熱:30~40分

使用付属品

黒皿 中段

カロリー塩分
1018kcal5.7g

※カロリーと塩分は1人分または1回に作れる分量の値です。

このレシピはMRO-W1Z対応レシピです。

材料・作りかた

材料

ほうれん草
1束(約200g)
にんにく(みじん切り)
1片
バター
大さじ1(約12g)
塩、こしょう
各少々
卵(溶きほぐす)
2個
A 牛乳
130mL
A 植物性生クリーム
70mL
A スープ(顆粒スープの素小さじ1/2を溶く)
30mL
A 塩、こしょう
各少々
ピザ用チーズまたは粉チーズ
60g

作りかた

  1. ほうれん草は洗ってラップで包み012 下ゆで葉・果菜で加熱して冷水に取り、水けを切ってかたく絞り、3cmの長さに切る。
  2. フライパンにバターを熱し、にんにくをいため、を加えてさらにいため、塩、こしょうをする。
  3. ボウルに卵と合わせたAを入れてよくかき混ぜ、裏ごしする。
  4. とチーズ2/3量を加えて混ぜ、バター(分量外)を塗った焼き皿に流し入れ、上に残りのチーズを散らす。
  5. テーブルプレートを取り外し、黒皿の中央にをのせ、中段に入れオーブン予熱無1段210℃30~40分で加熱する。

ドリア・ラザニアのコツ

容器は
金属製、ホーロー製の容器は使わない。耐熱性の陶器・磁器か耐熱ガラス容器を使ってください。ラザニアは20x20x5cmの焼き皿1 枚を使います
ホワイトソースは
市販の物を使ってもいいでしょう。
焼く前に冷めてしまったら
具やソースがあたたかいうちに焼きます。焼く前に冷めてしまったらレンジ500Wで人肌くらい(約40℃)にあたためてから焼きます。
加熱室は冷ましてから
オーブングリル脱臭使用後で加熱室が熱いと上手に仕上がりません。
具の状態によって焼き色が違う
ホワイトソースのかたさやチーズの種類、食品メーカーによって、焼き色が異なります。
冷凍ドリアはオートメニューでは焼けません
アルミケース皿のまま黒皿に並べ(市販の冷凍グラタンの並べかた)、中段に入れオーブン予熱無1段210℃34~46分で様子を見ながら加熱します。
レンジ用のプラスチック製容器の物は焼けません
容器変形の原因になります。

関連するレシピ

当サイトはスマートフォンでもご利用できます。QRコード対応のスマートフォンをお持ちの方は、QRコードを読み取るだけでURLが表示されます。

※ただし、お使いの機種によっては撮影できない場合があります。