ページの本文へ

Hitachi

冷蔵庫

Sタイプ/まんなか冷凍
Sタイプ/まんなか冷凍 TOP 仕様を見る

[片開き5ドア]Sタイプ/まんなか冷凍 R-S50J/R-S40K

R-S50J
R-S40K

[片開き5ドア]
Sタイプ/まんなか冷凍
R-S50Jの特長

1.真空で密閉保存するから、お肉やお魚の鮮度が長持ちします。真空チルド 氷温(約ー1℃) チルド(約+1℃)

ルーム内の空気を小型の真空ポンプで吸引し、約0.8気圧の真空環境を実現。さらに、食品に直接冷気を当てない密閉構造なので食品の乾燥を抑えます。

※当社調べ。3日間保存後の魚のK値、栄養素の残存率で見ています。真空氷温設定(約-1℃)で保存。冷蔵室保存に比べて。
※出荷時は、真空氷温(約-1℃)に設定されています。
※K値とは生鮮度を表す指標の一つで値が低いほど鮮度がよいことを示します。

イメージ図

※当社調べ。3日間保存後の魚のK値、栄養素の残存率で見ています。真空氷温設定(約-1℃)で保存。冷蔵室保存に比べて。
※出荷時は、真空氷温(約-1℃)に設定されています。
※K値とは生鮮度を表す指標の一つで値が低いほど鮮度がよいことを示します。

2.眠らせるように保存するから、みずみずしさが長持ちします。新鮮スリープ野菜室 ※新鮮スリープ保存は下段スペースのみ。プラチナ触媒(ルテニウム配合)

野菜の呼吸活動を抑えて眠らせるように保存し、みずみずしさや栄養素が長持ちします。

※当社調べ。7日間保存後の野菜の水分残存率や栄養素の残存率で見ています。

3.傷つきにくく、美しさが続く。クリスタルドア

汚れをサッとふき取りやすく傷がつきにくい強化処理ガラスをドア面に採用。

※強化処理ガラスを採用しているため、ドア表面にはマグネットは付きません。

〇このページは、R-S50Jの特長を紹介しています。

〇R-S50Jで説明しています。

〇商品の色・柄は、角度や光源などによって画面上とは見え方が異なります。商品のドア面と側面では色が異なります。ドア面には製造上のゆがみが生じます。

〇「在庫品限り」表示のある商品は、生産完了品のため品切れになる場合がございます。ご了承ください。

[片開き5ドア]
Sタイプ/まんなか冷凍
R-S40Kの特長

1.眠らせるように保存するから、みずみずしさが長持ちします。新鮮スリープ野菜室 プラチナ触媒(ルテニウム配合)※新鮮スリープ保存は下段スペースのみ。

野菜の呼吸活動を抑えて眠らせるように保存し、みずみずしさや栄養素が長持ちします。

※当社調べ。7日間保存後の野菜の水分残存率や栄養素の残存率で見ています。

野菜室下段イメージ図
2.生鮮食品のストックに。氷温ルーム 氷温(約ー1℃)

肉・魚などの生鮮食品を凍らせない約-1℃で鮮度を守り、おいしく保存します。

※当社調べ。3日間保存後の魚と7日間保存後の肉のK値で見ています。
※K値とは生鮮度を表す指標の一つで値が低いほど鮮度がよいことを示します。

イメージ図
3.たっぷり収納、スッキリ整理で出し入れラクラク。3段ケース(冷凍室下段)

かさばる食品も整理しやすく、出し入れがラクラクです。

〇このページは、R-S40Kの特長を紹介しています。

〇R-S40Kで説明しています。

〇商品の色・柄は、角度や光源などによって画面上とは見え方が異なります。商品のドア面と側面では色が異なります。ドア面には製造上のゆがみが生じます。

Sタイプ/まんなか冷凍
Sタイプ/まんなか冷凍 TOP 仕様を見る