ページの本文へ

Hitachi

地震などで製品が転倒、落下した場合

転倒・落下した家電製品は外観に異常がなくても、内部の電子部品などが破損している場合があります。発煙、発火の危険もありますので、使用するのはやめてください。また、製品が一時的に使用可能な状態であっても、絶対にそのまま使用せず、必ず購入した販売店またはメーカーの修理相談窓口に連絡し、点検・修理を受けてください。また、屋外に避難する時は、火災防止のために必ずブレーカー(遮断器)を切ってください。

災害の影響で停電が発生した場合

暖房器具やアイロンなど発熱する電気器具は、停電後の復帰時に備え、電源プラグをコンセントから抜いておいてください。
モーターなどを応用した家電製品は起動時の電流が大きく、停電後の復帰時に家庭内のすべての家電製品が一斉に運転を始めると、ヒューズが切れたりブレーカーが落ちるなど、電気製品への悪影響が考えられます。停電になりましたら、電源プラグをコンセントから抜いていただくことをおすすめします。

水害などで製品が冠水した場合

製品が冠水してしまった場合は、漏電の危険性が高いため、ご使用はお控えくださるようお願いいたします。一見、乾燥しているように見えても、内部が乾燥しておらず大変危険です。製品が一時的に使用可能な状態であっても、絶対にそのままではご使用せず、必ず点検・修理を受けてください。

落雷発生時

雷が鳴り出してからは、落雷による感電のおそれがありますので、家電製品の電源プラグや電源コード、テレビのアンテナ線、電話機の電話機コード・子機用充電台・電源プラグ・ACアダプターなどには触れないでください。
雷が電柱などに落ちた場合、電線などを伝って、家にも流れ込み、パソコンなどの電子機器が損傷することもあります。
雷予報が出たら電源プラグや通信ケーブルを抜いてください。また雷サージ防止機能のついたOAタップなどを取り付けることにより電子機器の損傷を防ぐこともできます。