ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

紙パック式とサイクロン式はごみをためる部分が違い、それぞれ特長があります。
お客様のライフスタイルに合わせて選んでいただくことをおすすめします。

  紙パック式 サイクロン式
ごみをためる部分 紙パックにゴミをためる ゴミと空気を分離し、ゴミをダストケースにためる
ランニングコスト 紙パックが必要で購入費用がかかる*1 紙パックが不要
お手入れ お手入れが不要 定期的にフィルターなどのお手入れが必要*2
ごみ捨て ごみをまとめて捨てられる ごみをこまめに捨てられる

*1 パックフィルターを1ヶ月に1枚交換した場合、年間で下記の費用がかかります。

パックフィルター シール
ふた
特長 希望小売価格
(税別)
年間の費用
(12枚分の価格)
GP-2000FS 高捕じん 2,000円 (3枚入り) 8,000円
GP-130FS 捕じん 1,300円 (3枚入り) 5,200円
GP-110F - 捕じん◎ 1,100円 (5枚入り) 2,640円
GP-75F - 捕じん○ 700円 (5枚入り) 1,680円

「選ぶときのポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。