ページの本文へ

Hitachi

日立の家電品

ふろ追いだき配管の洗浄は、「自動洗浄」と「循環洗浄」の2つの方法があります。

  1. 自動洗浄(搭載機種のみ)
    ふろ自動運転終了後、浴そうのお湯を排水するときに、追いだき用配管内に残った湯水を水道水で流してふろ追いだき配管を自動洗浄することができます。配管の汚れを防ぐために「自動洗浄」を設定しておくことをおすすめします。
    「自動洗浄」の設定の仕方については機種ごとに異なりますので、お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

  2. [注意]
    自動洗浄中に浴そうに入らないでください。
    • 追いだき配管内に残っている高温のお湯が、ふろ循環アダプターから出て、やけどをすることがあります。
    • 浴そうの排水後の掃除には十分ご注意ください。排水後すぐに浴そうを掃除するとやけどをすることがあります。
    • 浴そうの掃除は、ふろ循環アダプターからお湯が出なくなったことを確認し、完全に排水された後に行ってください。


  3. 循環洗浄
    市販の洗浄剤を使用して、ふろ追いだき配管を洗浄します。ふろ追いだき配管にたまった湯アカを洗い流し、汚れの付着を軽減するために、半年に1回程度「循環洗浄」を行ってください。
    排水時の自動洗浄で汚れが浴そうに排出された場合は、そのつど洗浄剤を使用して循環洗浄を行ってください。
    推奨洗浄剤はジョンソン㈱「ジャバ1つ穴用」です。硫黄、酸、アルカリを含んだ洗浄剤は使用しないでください。
    ふろ追いだき配管の洗浄を行うと、残湯量が少なくなります(タンク内の温度が下がります)。お湯をたくさん使う予定がある場合は、お湯を使い終わった後で循環洗浄をしてください。
    「循環洗浄」の方法については機種ごとに異なりますので、お使いの機種の取扱説明書をご覧ください。

「お手入れのポイント」と同カテゴリの記事一覧(最大5件の表示)

この情報は役に立ちましたか?

ウェブサイト内で解決できない場合にはこちらから

よくあるご質問で、解決できない質問や疑問については、メールまたはお電話にてお答えしております。上の画像をクリックして表示される下記の窓口へお問い合わせください。